活蔘力 丸剤の効能・用量・副作用など

活蔘力 丸剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 スノーデン
販売会社 明治
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

活蔘力 丸剤の特徴

ストレスの多い現代社会の中では,肉体的疲労に加えて精神的疲労も多くなり,からだがだるい,疲れる,朝起きるのがつらいなどということもよくあります。
活蔘力 丸剤は,現代人のニーズに応え,肉体疲労時などの栄養補給・滋養強壮に効果を発揮する医薬品です。
6年根高麗紅蔘は,高麗人蔘の中でも有効成分を豊富に含み,多くのサポニンが確認されています。滋養強壮・虚弱体質の改善にすぐれた効果があります。
植物性生薬,動物性生薬のロクジョウ(鹿茸),ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)をバランスよく配合した丸剤です。

活蔘力 丸剤の効能効果

肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

活蔘力 丸剤の用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1日量:1日服用回数]
成人(15歳以上):6丸:1?3回に分けて服用
7歳以上15歳未満:3丸:1?3回に分けて服用
7歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

活蔘力 丸剤の成分分量

6丸中
コウジンエキス 600mg (紅参1200mg)
クコシエキス 110mg (枸杞子363mg)
ショウキョウエキス 50mg (生姜515mg)
ロクジョウチンキ 0.03mL (鹿茸8.6mg)
ケイヒ末 50mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
(添加物)
バレイショデンプン,セルロース,乳糖水和物,ハチミツ,カルメロースナトリウム(CMC-Na),寒梅粉,マクロゴール,硬化油,カラメル,タルク

活蔘力 丸剤の使用上の注意と副作用

■相談すること
次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:悪心・嘔吐,腹部膨満感
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。

活蔘力 丸剤の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)品質保持のため,服用のたびにビンのフタをよくしめてください。(湿気により丸剤と丸剤がくっつくことがあります。)
(5)丸剤をぬれた手で扱わないでください。もし,ぬれた手で触れた場合は,その丸剤はビンに戻さないでください。
(6)ビンの中の詰め物は,輸送中に丸剤が破損するのを防ぐために入れてありますので,フタをあけた後は捨ててください。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

活蔘力 丸剤に効果効能が似た薬

活蔘力 丸剤が気になる人向けのコラム

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

母の存在が重い…【母娘クライシス】を抜け出す6つのコツ

年末年始に帰省したものの、母親との関係にどっぷり疲れて……。そんな、実母との確執に悩む女性が増えているようです。“母娘クライシス(危機)”はどうすれば乗り越えられるのでしょうか。 良妻賢母だった母が
特に娘を苦しめる! 多くの女性た... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

バラの香りで心と体を癒して 美肌や消臭効果まで、バラの凄い効能

花の女王と呼ばれるバラ。その種類は200種類以上もあり、さまざまな色とカタチで見る人をうっとりさせてくれます。しかし、バラは目の保養になるだけではなく、心や体も癒す、たくさんの力が秘められているのです。 バラの心への効果 バラの香り... 続きを読む