ピラこどもかぜぐすりCの効能・用量・副作用など

ピラこどもかぜぐすりCの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かぜ薬(内用)
形状 散剤
製造販売会社 東亜薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ピラこどもかぜぐすりCの特徴

ピラこどもかぜぐすりCは,かぜにより消耗しやすいビタミンCとかぜによく効くすぐれた成分を配合したのみやすいいちご味のかぜ薬です。小さなお子さまは抵抗力が弱いためかぜをひきやすく,こじらせると重い病気になることがあります。かぜはひき初めに一刻もはやく治療することが大切です。

ピラこどもかぜぐすりCの効能効果

かぜの諸症状(鼻水,鼻づまり,くしゃみ,のどの痛み,せき,たん,悪寒,発熱,頭痛,関節の痛み,筋肉の痛み)の緩和

ピラこどもかぜぐすりCの用法用量

次の量を,食後なるべく30分以内に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
1才以上3才未満:1/2包:3回
3才以上7才未満:2/3包:3回
7才以上11才未満:1包:3回
1才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法及び用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

ピラこどもかぜぐすりCの成分分量

3包(3000mg)中
アセトアミノフェン 450mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 1.75mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 24mg
dl-メチルエフェドリンサッカリン塩 30mg
アスコルビン酸カルシウム 37.5mg
(添加物)
白糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ヒドロキシプロピルセルロース,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),香料,バニリン,デキストリン

ピラこどもかぜぐすりCの使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,かぜ薬に定められた注意事項として成人が服用される際のことも記載しております。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他のかぜ薬,解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
(3)フェニルケトン尿症の人。
(本剤はL-フェニルアラニン化合物を含有するため。)
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他のかぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気が現れることがあります。)
4.服用時は飲酒しないでください
5.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
高熱,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
甲状腺機能障害,糖尿病,心臓病,高血圧,肝臓病,腎臓病,胃・十二指腸潰瘍,緑内障
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状が現れた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
その他:排尿困難
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等ともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等が現れる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜に現れる。
中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜に現れる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等が現れる。
間質性肺炎:空せき(たんを伴わないせき)を伴い,息切れ,呼吸困難,発熱等があらわれる。(これらの症状は,かぜの諸症状と区別が難しいこともあり,空せき,発熱等の症状が悪化した場合にも,服用を中止するとともに,医師の診療を受けること。)
ぜんそく
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状が現れることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
口のかわき

ピラこどもかぜぐすりCの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.1包を分割した残りを服用させる場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
5.配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ピラこどもかぜぐすりCが気になる人向けのコラム

美肌効果もある★いちごダイエット★

いちご
りんごとともに、ダイエット効果が期待されるのがいちごで
す。いちご100グラムあたり34kcalと、りんごより
ややカロリーは低めです。その上、ビタミンCを多く含むため
美肌効果や風邪予防に向いています。肌を美しく保つコラ... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

市販のかぜ薬の選び方と3つの注意点-症状や効果に合ってる?

かぜ薬は種類が多いわりには、うまく使い分けされていません。購入の際には、どれを選んだらよいかわからないままに、商品名や値段だけで選んでいる人が多いようです。自分のいまの状態にとって最も必要なことは何か、症状に対し期待したい効果は何か、これ... 続きを読む

かぜをひきにくい人の習慣-免疫力を上げて生活習慣で予防する

かぜの予防法は、ウイルスに感染しても発症しないだけの免疫力を保つ発症予防と、ウイルス感染そのものを予防する感染予防の2つに分けられます。
かぜを一度ひくと、その原因となったウイルスに対して免疫ができ、同じウイルスには感染しにくくなりま... 続きを読む