ストレージタイプGの効能・用量・副作用など

ストレージタイプGの基本情報

ストレージタイプG

ストレージタイプG

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 半夏瀉心湯
形状 散剤
製造販売会社 ツムラ
販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 半夏瀉心湯   

ストレージタイプGの特徴

●下痢や軟便に,漢方処方「半夏瀉心湯」が優れた効果をあらわします。
●ストレスなどで緊張や不安を感じやすい神経症にも効果をあらわします。
●体力中等度で,みぞおちがつかえた感じがある方に適したお薬です。
●のみやすい黄かっ色の顆粒(スティック包装)です。

ストレージタイプGの効能効果

体力中等度で,みぞおちがつかえた感じがあり,ときに悪心,嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のあるものの次の諸症:下痢・軟便,神経症,神経性胃炎,消化不良,胃下垂,胃弱,二日酔,げっぷ,胸やけ,急・慢性胃腸炎,口内炎

ストレージタイプGの用法用量

次の量を,食前に水またはお湯で服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1包:2回
7歳?14歳:2/3包:2回
4歳?6歳:1/2包:2回
2歳?3歳:1/3包:2回
2歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

ストレージタイプGの成分分量

2包(3.75g)中
半夏瀉心湯エキス(1/2量) 2.25g(乾燥エキスとして) (ハンゲ2.5g,オウゴン・カンキョウ・カンゾウ・タイソウ・ニンジン各1.25g,オウレン0.5g)
(添加物)
ショ糖脂肪酸エステル,乳糖水和物,ステアリン酸マグネシウム

ストレージタイプGの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(急性胃腸炎,二日酔,げっぷ,胸やけに服用する場合には5?6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ストレージタイプGの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に箱に入れて保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。

ストレージタイプGが気になる人向けのコラム

放置すると癌になることもある逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎はもともと欧米人に多くみられ、日本では主に高齢者にみられる病気でしたが、食生活の欧米化や夜型の生活パターンによって、最近は若い人にも増えています。
たびたび起こる胸やけ、逆流性食道炎かも - goo ... 続きを読む

【新型ノロウイルス】は「手洗い」と「加熱」で予防効果あり。

ノロウイルスによる食中毒が流行する時期になりました。ノロウイルスは寒さや乾燥に強く、カキ(貝)が感染経路に関わっているため、ノロウイルスによる食中毒は秋から春先にかけて、12~1月をピークに流行します。今年は新型のGⅡ/17が流行のきざ... 続きを読む

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

潜伏期間1~2日!ノロウイルスの症状と予防法

冬に多いノロウイルス感染症とは

潜伏期間は1〜2日で、症状は吐き気、嘔吐、水のような下痢、腹痛など。普通の成人は感染しても軽症ですむが、免疫力の低下した高齢者や乳児が感染すると、死亡することもある。
ノロウイルス - goo ヘル... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む