スクラート胃腸薬S(錠剤)の効能・用量・副作用など

スクラート胃腸薬S(錠剤)の基本情報

スクラート胃腸薬S(錠剤)

スクラート胃腸薬S(錠剤)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

スクラート胃腸薬S(錠剤)の特徴

こんな方に効きます
胃の痛み・胃もたれ・むかつき・胸やけ
■胃の中が空っぽの空腹時・睡眠中にも効く 胃痛のもとに直接効く「患部修復機能」胃腸薬
○胃痛のもと(荒れた患部)を保護・修復します
スクラルファートが胃の荒れた患部を選んで吸着し,胃酸などの攻撃から保護するとともに,患部を修復して,もとから治していきます。
○健胃生薬が弱った胃を回復します
7つの健胃生薬が胃の働きを高め,弱った胃をじっくり回復させて,元気な胃にしていきます。
○消化酵素が弱った胃の働きを助けます
脂肪を分解するリパーゼAP12と,でんぷんを分解するビオヂアスターゼ2000が,効果的に消化を助けます。
○すばやく,かつ持続的に胃酸を中和します
炭酸水素ナトリウムと合成ヒドロタルサイトが症状のもととなる胃酸をすばやくかつ持続的に中和し,胃への刺激・負担を軽減します。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の効能効果

胃痛,もたれ(胃もたれ),吐き気(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,胃のむかつき,嘔気,悪心),胸やけ,胃酸過多,げっぷ(おくび),胃重,胃部膨満感,胃部不快感,胸つかえ,食べ過ぎ(過食),消化不良,消化不良による胃部・腹部膨満感,消化促進,食欲不振(食欲減退),飲み過ぎ(過飲),嘔吐

スクラート胃腸薬S(錠剤)の用法用量

次の量を食間*・就寝前又は食後に服用してください。
*食間とは,食後2?3時間経過し,胃の中に食べ物がほぼなくなっている時です。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の成分分量

9錠中
〔上・下層(淡褐色)〕 スクラルファート水和物 574.05mg
炭酸水素ナトリウム 600mg
合成ヒドロタルサイト 480mg
健胃生薬末 702mg (ウイキョウ・ウコン各60mg,ケイヒ300mg,ゲンチアナ30mg,サンショウ12mg,ショウキョウ・チョウジ各120mg)
〔中層(白色)〕 スクラルファート水和物 925.95mg
ビオヂアスターゼ2000 30mg
リパーゼAP12 30mg
(添加物)
D-マンニトール,l-メントール,マクロゴール,カルボキシメチルスターチナトリウム,セルロース,硬化油,二酸化ケイ素,ステアリン酸カルシウム,香料

スクラート胃腸薬S(錠剤)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください
透析療法を受けている人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

スクラート胃腸薬S(錠剤)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

スクラート胃腸薬S(錠剤)に効果効能が似た薬

スクラート胃腸薬S(錠剤)が気になる人向けのコラム

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

病気による休職から復帰するときの確認したい7つのこと

働く世代でも、時に病気やけがにより会社をある期間休まなければならなくなることは珍しいことではありません。現代では、休職が必要な代表的な病気といえばうつ病ですが、その他にがん、心筋梗塞、脳梗塞、胆のう炎、腰痛といったさまざまな病気があります... 続きを読む

男性の抜け毛を予防する4つのセルフケア-本当に効く育毛剤は?

「髪が薄くなってきた……」と悩んでいる人がまず考えるのは、育毛でしょうか?
でもその前に、「髪に悪いこと」をしていないか生活習慣をチェックしてみてください。髪の健康には、生活習慣の影響がとても大きいのです。睡眠不足、栄養バランスの偏り、ス... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む