フジアイGIIの効能・用量・副作用など

フジアイGIIの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 富士薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フジアイGIIの特徴

◆フジアイGIIは,目の疲れやかゆみ,充血をやわらげ,低下した目の調節機能を改善する目薬です。また,外出時のほこりや汗,紫外線による目のトラブルの予防,ハードコンタクトレンズ装着時の不快感に優れた効果をあらわします。

フジアイGIIの効能効果

目の疲れ,結膜充血,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかゆみ,目のかすみ(目やにの多いときなど)

フジアイGIIの用法用量

1日3?6回,1回1?3滴を点眼してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用すると,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。また,混濁したものは使用しないでください。
(5)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(6)点眼用にのみ使用してください。

フジアイGIIの成分分量

100mL中
ナファゾリン塩酸塩 2mg
ネオスチグミンメチル硫酸塩 5mg
アラントイン 200mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
ピリドキシン塩酸塩 100mg
L-アスパラギン酸カリウム 1000mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 100mg
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,パラベン,クロロブタノール,l-メントール

フジアイGIIの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

フジアイGIIの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)車のダッシュボードや,暖房器具の近くなど高温下に放置しないでください。
(容器の変形や薬液の品質が劣化するおそれがあります。)
(6)配置期限を過ぎた製品は使用しないでください。
また配置期限内であっても,開封後はできるだけ速やかに使用してください。

フジアイGIIが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む