ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の効能・用量・副作用など

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 兼一薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の特徴

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)は,日本薬局方ベンザルコニウム塩化物10w/v%を有効成分とする,一般に逆性石けんとも呼ばれている外皮用殺菌消毒剤です。
●使用する際に水で希釈して使用します。
●一般細菌・真菌類に抗菌作用を示します。
●使用出来る用途が幅広く,手指の殺菌・消毒をはじめ,創傷面・口腔内の殺菌・消毒から理容室・美容室での消毒や食器・器具類,家屋・乗物等,ゴミ箱・冷蔵庫等,幅広い箇所の消毒に使用できます。
●水害時などの環境面の消毒にも使用できます。

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の効能効果

手指の殺菌・消毒,創傷面の殺菌・消毒,口腔内の殺菌・消毒

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の用法用量

本剤を次のように水で希釈して,塗布または洗浄する。
(1)手指の殺菌・消毒:ベンザルコニウム塩化物として0.05?0.1%(本剤の100?200倍希釈液)
(2)創傷面の殺菌・消毒:ベンザルコニウム塩化物として0.01?0.025%(本剤の400?1,000倍希釈液)
(3)うがいの場合:ベンザルコニウム塩化物として0.005?0.01%(本剤の1,000?2,000倍希釈液)
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量を守ること。
(2)原液又は濃厚液が皮膚に付着した場合は,炎症を起こすことがあるので,すぐに水で洗い流すこと。
(3)石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので,石けん分を洗い流してから使用すること。
(4)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(5)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(6)外用にのみ使用し,内服しないこと。
(7)食品に直接触れる機械・器具等に使用する場合には,本剤が残らないように十分に水洗すること。

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の成分分量

100mL中
ベンザルコニウム塩化物 10g
(添加物)

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.原液のまま使用しないこと。
2.患部に軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿等に浸して貼付しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は,副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
本剤の使用により,皮膚に発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状があらわれた場合。
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること〔創傷面の殺菌消毒,うがい〕

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)の保管上の注意

(1)直射日光のあたらない,涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)使用期限が過ぎた製品は使用しないこと。

ベンザルコニウム塩化物液10%(カネイチ)が気になる人向けのコラム

美しい髪の毛は食生活から-抜け毛はストレスが要因にも

最近髪がパサつく、抜け毛が増えたなど、頭髪に関する悩みをかかえている人は少なくありません。
髪の毛は、もちろん体の一部ではありますが、肌と並んで全身の健康状態を反映しやすい箇所です。
抜け毛、毛根、頭皮の状態などから、自然脱毛かそう... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

ノロウイルスによる食中毒は冬場に増える-家族感染を予防しよう

夏を中心に起こる食中毒は細菌(サルモネラ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌など)によるものが多いのですが、冬になると細菌が検出されないものがかなりふえてきます。その大部分はノロウイルスによるものです。流行する時期は11月から3月くらいまで... 続きを読む

顔の産毛を処理するとツルツル美肌になれる理由 期間や注意点

高い美容液や化粧水を使ってもイマイチ効果が出ない……そんな人は、古い角質がたまっているのかもしれません。 若い頃は正常だったターンオーバーも、年齢とともに遅くなって、古い角質がたまりやすく。特に皮膚温が低下する秋冬は、肌の新陳代謝が滞っ... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む