テレスハイ軟膏の効能・用量・副作用など

テレスハイ軟膏の基本情報

テレスハイ軟膏

テレスハイ軟膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 池田模範堂
販売会社 ジョンソン・エンド・ジョンソン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

テレスハイ軟膏の特徴

テレスハイ軟膏は5つの有効成分を配合した軟膏剤で,「湿疹」や「皮膚炎」に優れた効果を発揮します。
●アンテドラッグステロイド剤「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」が湿疹,皮膚炎等の炎症やはれをしずめます。
●2つのかゆみ止め成分「ジフェンヒドラミン」と「クロタミトン」が湿疹,皮膚炎等のかゆみをすばやく抑えます。
●殺菌剤「イソプロピルメチルフェノール」が患部の感染を防ぎます。
●「トコフェロール酢酸エステル」が患部の血行を促進して治療を助けます。
■テレスハイご使用のみなさまへ
主成分としてテレスハイに配合されているプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは,アンテドラッグステロイド剤です。アンテドラッグは皮膚表面の患部で優れた効果を示し,体内に吸収されると作用の弱い物質に分解される,というユニークな特徴を持っています。アンテドラッグは,有効性と安全性の両立を目的として開発された薬剤ですが,用法・用量,使用上の注意を守り,正しくご使用ください。
テレスハイ軟膏は油脂性軟膏で,皮膚を保護して乾燥を防ぎます。

テレスハイ軟膏の効能効果

皮膚炎,湿疹,かぶれ,ただれ,あせも,かゆみ,虫さされ,じんましん

テレスハイ軟膏の用法用量

1日数回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)この医薬品の塗擦後わずかにほてり(熱感)を感じることがありますが,ごく短時間のうちに消失します。
(6)この医薬品を塗擦後,患部をラップフィルム等の通気性の悪いものでおおわないでください。

テレスハイ軟膏の成分分量

100g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0.15g
ジフェンヒドラミン 0.5g
クロタミトン 5g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
セタノール,マイクロクリスタリンワックス,オクチルドデカノール,ワセリン

テレスハイ軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
【守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります】
1.次の部位には使用しないでください
水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には,広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

テレスハイ軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱及びチューブに記載)をすぎた製品は使用しないでください。

テレスハイ軟膏が気になる人向けのコラム

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

末端冷え性の改善方法とは? 足先が冷える原因と改善のポイント

末端まで血流を流してポカポカにするには? 末端にある足先は、最も冷えやすい箇所。血流を促し、自力で温まることができるようになる方法をご紹介します。 末端にあたる足先は、血液の巡りが一番後回しになる箇所 体温と血流は、深い関わりがありま... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む