チュアブルグリーンの効能・用量・副作用など

チュアブルグリーンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 内外薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

チュアブルグリーンの特徴

チュアブルグリーンはチュアブル錠で,水なしでかむか,口中で溶かして飲めるタイプの胃腸薬です。
多忙な現代人のライフスタイル(仕事中,運転中,通勤途中,お出かけ先)に気軽に服用できます。

チュアブルグリーンの効能効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,もたれ(胃もたれ),胃重,胸つかえ,げっぷ(おくび),はきけ(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲みすぎ(過飲),胃痛

チュアブルグリーンの用法用量

次の1回量を1日3回食前又は食間の空腹時,かむか,口中に溶かして服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:3回
小児(15歳未満):服用しないこと
※食間とは,食後2時間ほど経過し,胃の中に食べたものがほぼなくなっている時です。
(用法関連注意)
(1)本剤は,用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方:錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突きささる等思わぬ事故につながります)

チュアブルグリーンの成分分量

3錠中
アルジオキサ 300mg
合成ヒドロタルサイト 840mg
炭酸マグネシウム 400mg
(添加物)
l-メントール,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),黄色4号(タートラジン),その他3成分

チュアブルグリーンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください。透析療法を受けている人
2.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人。
(3)次の診断を受けた人。 腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

チュアブルグリーンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)配置期限のすぎた製品は使用しないでください。

チュアブルグリーンが気になる人向けのコラム

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

睡眠不足は仕事に悪影響-働く世代の快眠10か条

ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。
また、1日の睡眠時間... 続きを読む

便秘を解消してくれる「腸マッサージ」のやり方-便秘しないコツ

皆さんは毎朝おなかスッキリしていますか?
女性を中心に、便秘で悩む人は少なくありません。便秘はおなかがはって苦しかったり痛いだけでなく、さまざまな不快な症状や病気を引き起こします。
便秘によって腸に悪玉菌が増えるとガスが発生しやすくな... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

女性に多い冷え性は免疫力も低下させる-体を温める食材は?

「冬になると、手足の先が冷えてつらい」という冷え性は、とくに女性に多くみられます。さらに、最近ではこうした「冷え」の自覚症状のあるなしにかかわらず、平熱が36.5度以下という低体温の人が若い世代や子どもに増えており、35度台の人が珍しくな... 続きを読む