モンルナ100の効能・用量・副作用など

モンルナ100の基本情報

モンルナ100

モンルナ100

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

モンルナ100の特徴

あせもや日やけ後の赤くなる炎症を抑えるのに有効な,速攻性のあるステロイドローション剤です。
【製品の特徴】
●ローションタイプなので皮膚にのばしやすく,あともベタつきません。
●炎症を伴う皮膚炎にお使いください。

モンルナ100の効能効果

湿疹,皮膚炎,ただれ,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

モンルナ100の用法用量

用時よく振り混ぜて,1日2?3回,適量を患部に塗布します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合は,すぐに水またはぬるま湯で洗って,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用して,内服しないでください。
(5)使用後は必ずしっかり蓋をしめてください。

モンルナ100の成分分量

1000mL中
デキサメタゾン 0.25g
カラミン 20g
グルコン酸クロルヘキシジン液 1mL
(添加物)
d-カンフル,グリセリン,エタノール,メチルセルロース,デヒドロ酢酸ナトリウム

モンルナ100の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の疾患や部位には使用しないでください。
使用すると症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。
(1)皮膚結核,水痘(水ぼうそう),単純疱疹,帯状疱疹,潰瘍,水虫,たむし等,又は化膿している部位。
(2)第2度深在性(水疱〈水ぶくれ〉ができる)以上の熱傷・凍傷
(3)まぶた等(眼圧亢進を起こすことがあります)
2.長期連用しないでください。
長期連用により,ステロイドざ蒼,口囲皮膚炎,ステロイド皮膚などの皮膚症状が現われることがあります。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,又は薬剤師にご相談ください。
(1)今までに本剤に含まれる成分や他の薬,化粧品等によるアレルギー症状や過敏症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等),またショック症状(蒼白,胸内苦悶,血圧低下,呼吸抑制,めまい,不快感等)を起こしたことがある人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
(5)医師の治療を受けている人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,又は薬剤師にご相談ください。
(1)本剤の使用により,発疹・発赤,かゆみ等の症状があらわれた場合。
(2)本剤の使用により,患部に水虫,たむし等の白癬症,にきび,化膿症状又は持続的な刺激感,発疹等の症状があらわれた場合。
(3)1週間使用しても症状の改善がみられない場合。

モンルナ100の保管上の注意

(1)小児の手の届かないところに保管してください。
(2)直射日光を避け,なるべく涼しい所に保管してください。
(3)誤用を避け品質を保持するために,他の容器に入れ替えないでください。

モンルナ100が気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

庭やベランダでできるビオトープガーデンをつくる-睡蓮鉢の飾り方

暑くなってくると、透明な水は触って気持ちがいいのはもちろん、見ているだけでも涼しげです。そこで今回は、手軽に水辺の涼しさが味わえ環境にもちょっと優しい、ビオトープガーデン作りを紹介しましょう。
ビオトープとは、ギリシャ語のビオ(bio... 続きを読む

ジェネリック医薬品って知ってる? 効果は同じで薬代が安くなる

「ジェネリック医薬品」のことをご存じないという人は、もはやほとんどいないでしょう。「後発医薬品」とも呼ばれ、特許期限が切れた「先発医薬品」(新薬)と同じ有効成分を用いて製造され、新薬と同等の効果を獲得している薬です。新薬に比べて開発費が少... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む