マザーセブンの効能・用量・副作用など

マザーセブンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 錠剤
製造販売会社 至誠堂製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

マザーセブンの特徴

加齢とともにあらわれる女性特有の不快な諸症状……
寝込む程の病気ではないけれど,頭痛がする,足腰がだるく冷える,腰が痛い,疲れやすい,めまい,イライラする……これらの症状は,月経時,産前産後,更年期に精神的・身体的症状となって悩まされがちです。
これは,血行不順,自律神経の乱れ,生理機能障害によるものです。本剤は生薬・ビタミン・鉄等17種類を配合し,女性特有の不快な諸症状を緩和します。女性がいつまでも美しく健康であるように女性の体にやさしく作用する製品です。
〈月経時〉月経の前後は,体内のホルモンが変動するため,自律神経の働きが不安定になりがちです。そのため,ある種の不快感を余儀なくされますが,ひどい場合は,下腹痛,頭痛,めまい,腰痛,のぼせ,イライラで寝込んだりするような状態が続く人もいます。
〈産前産後〉出産は女性にとって一大難事業です。妻から母へ変わる喜びもあれば,それにともなう苦痛も当然出てくるもの……たとえば,出産により,娘の頃には経験しなかった,足腰の冷え,めまい,頭痛,腰の痛み……等の不快な症状に悩む人がありますが,これは生理機能の乱れからくる血行不順,ホルモン分泌のアンバランスに起因していることがあります。
〈更年期障害〉月経の閉止にともなって,いろいろな体の故障がおこりがちです。頭が重い,のぼせる,体の各所に痛みが走る……等の不快な症状に悩まされます。女性保健薬「マザーセブン」は,デリケートな女性の体の仕組みを考えて生薬とビタミンを複合したお薬で,血行を促し,体を温めることによって,各種症状を和らげ,不調を改善します。

マザーセブンの効能効果

貧血,肩のこり,神経痛,月経痛,月経不順,頭痛,のぼせ,足腰の冷え,更年期障害,産前産後の衰弱回復

マザーセブンの用法用量

次の量を食後服用して下さい。
[年齢:1回量:服用回数]
大人:1?3錠:1日1回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.不眠症には,就寝の直前に服用させること。また,服用して就寝した後,睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは服用させないこと。

マザーセブンの成分分量

3錠中
ニンジン末 10mg
サフラン 1mg
トウキ末 50mg
センキュウ末 50mg
シャクヤク末 30mg
ボタンピ末 20mg
チアミン硝化物 3mg
リボフラビン 1mg
ピリドキシン塩酸塩 3mg
シアノコバラミン 2μg
トコフェロール酢酸エステル 30mg
パントテン酸カルシウム 20mg
ニコチン酸アミド 30mg
フマル酸第一鉄 30mg
無水カフェイン 50mg
ブロモバレリル尿素 100mg
リン酸水素カルシウム水和物 51.998mg
(添加物)
ゼラチン,アラビアゴム,白糖,カオリン,タルク,炭酸カルシウム,バレイショデンプン,赤色106号

マザーセブンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること。
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと。(眠気があらわれることがある。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,食欲不振,悪心注),嘔吐,腹痛
注)「悪心」とは,胸がムカムカして,はきけをもよおすことです。
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合は,医師又は薬剤師に相談すること。
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること。
○便秘,下痢

マザーセブンの保管上の注意

1.直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
4.錠剤に水分がつきますと錠剤表面が変色したり,亀裂を生じたりすることがありますので,誤って水滴をおとしたり,ぬれた手で触れないでください。又,一度取り出して手に乗せた錠剤は元に戻さないでください。(変質防止のため)
5.容器のフタのしめ方が不十分な場合,湿気などの影響により生薬原料特有の強いにおいがしたり,薬が変質する恐れがありますので,服用後はそのつど必ずフタをしっかり閉めてください。
6.使用期限(外箱,ラベルに記載)を過ぎた製品は使用しないでください。