参蒜精の効能・用量・副作用など

参蒜精の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)!その他の滋養強壮保健薬
形状 液剤
製造販売会社 常盤薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

参蒜精の特徴

参蒜精は,大蒜(ニンニク)とエゾウコギを主成分とし,さらにゴオウやイカリソウ,ビタミン類を配合した滋養強壮薬です。
「大蒜(ニンニク)」は古来より強壮剤として広く用いられてきており,本品はこの大蒜(ニンニク)の有効成分を抽出して濃厚な液状とし,さらに大蒜(ニンニク)特有の臭いを軽減して服用しやすくした「オキソアミヂン」を配合しています。また,「エゾウコギ」は、四大人参として珍重されている「シベリア人参」のことであり,強壮効果をあらわします。
■特長
●オキソアミヂン,エゾウコギに加え,ゴオウ,イカリソウを配合
●ビタミンB2,B6の補給

参蒜精の効能効果

○虚弱体質○滋養強壮○胃腸障害・肉体疲労・栄養障害・病中病後・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

参蒜精の用法用量

添付の計量カップで1mLを量り,水又はぬるま湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1mL:2回
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

参蒜精の成分分量

2mL中
オキソアミヂン 1000mg
ゴオウチンキ 50mg (原生薬換算量1.1mg)
エゾウコギエキス 25mg (原生薬換算量500mg)
イカリソウ流エキス 0.1mL (原生薬換算量100mg)
リン酸リボフラビンナトリウム 3mg
塩酸ピリドキシン 5mg
(添加物)
デキストリン,エタノール,安息香酸ナトリウム,パラベン,pH調節剤(クエン酸, クエン酸ナトリウム)

参蒜精の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹
消化器:胃部不快感・下痢
3. しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

参蒜精の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変ります。)
(4)開封後は品質保持の点からなるべく早めに服用してください。
(5)薬液が容器の口部に付いた場合は,ティッシュペーパー等で拭きとってからキャップをしめてください。
(6)期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(7)生薬を含むため,まれに混濁を生じることがありますが,服用には支障はありません。

参蒜精が気になる人向けのコラム

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

乳清(=ホエイ)

乳清とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもの。水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいます。英語で「ホエイ」ともいいます。
何だか難しそう?
でも身近な例では、ヨーグルトの上に溜まっている... 続きを読む

ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク

外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困って... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む

子宮頸がん検診でそのほかの婦人科疾患もチェックできる

誰もがかかるリスクを持っている「子宮頸がん」年に1度の検診をしておけば、そのほかの子宮の病気も防ぐことができます。小さなことでも相談できる、かかりつけの婦人科を見つけましょう。 30歳以上は「細胞診」と「HPV検査」の併用を 「がん... 続きを読む