玄妙の効能・用量・副作用など

玄妙の特徴

玄妙は天然生薬の有効成分を配合した製剤です。本剤を患部に貼りますと十数分後に温熱を感じ,皮膚局所に浸透し血行を促進してこりやいたみをやわらげる貼り薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 散剤 
製造会社 玄妙洞本舗
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



玄妙の効能・効果

神経痛・リウマチ・関節炎・腰痛・肩のこり・冷え性・打ち身・くじきの消炎鎮痛

玄妙の用法・用量

疾患により適宜の分量を容器にとり,本品20gに対し50mLの割合にて水を加え,充分練り合わせ布片に5mmの厚さにて患部の広さに伸ばして貼付する。貼用後10分間位経過すると温熱を発起し奏功する。薬が水分を失いたるときは,さらに新しく貼り換える。貼り換えは朝夕2回を限度とする。温熱を強く感じるときはガーゼの上から,又はウドン粉で薄めて貼用する。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合は,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(3)薬がしみでて衣服をよごさないように,布等を多めにして止めてください。
(4)小児,皮膚の弱い人又は温熱を強く感じる人は,和紙等で薬をサンドイッチのように挟み込んで貼付してください。
(5)薬の使用中に入浴するとしみますので,1時間くらい前に取り去っておいてください。
(6)玄妙を塗布した上に油紙を用いる事は薬の作用を減退させますので用いないでください。
(7)薬を貼付した箇所が少し色が付く事がありますが,1週間位で自然に取れますのでご心配ありません。

玄妙の成分・分量

120g中
オウバク末 26.6g
カンフル 1.3g
トウガラシ末 26.6g
ショウキョウ末 9.8g
サンシシ末 6.6g
ハッカ 6.6g
薬用炭 26.6g
ヨウバイヒ末 9.3g
サンシャ末 6.6g
(添加物)
なし

「玄妙」を含むQ&A

もっと見る

玄妙の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

玄妙の保管上の注意

(1)玄妙は湿気を嫌いますので,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密封して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。