プロフラミンの効能・用量・副作用など

プロフラミンの特徴

●パンテチンが血液中の余分なコレステロールを取り除きます。
●ビタミンEが過酸化脂質の生成を抑制し,血流を良くします。
●ソイステロールがコレステロールの吸収を阻害します。
●飲みやすいソフトカプセルです。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 動脈硬化用薬(リノール酸,レシチン主薬製剤等)
形状 カプセル 
製造会社 東海カプセル
販売会社 松本製薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC フクイゲン   エサヘパンS   エパシオン   クミアイコレステム   コレスゲン  



プロフラミンの効能・効果

血清高コレステロールの改善,血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え・しびれ)の緩和

プロフラミンの用法・用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:3回
15歳未満:服用しないこと
●毎食後,決められた量を水とともに服用してください。
●血清高コレステロールの改善には,食事にも配慮してください。
特に脂肪分の過摂取は避けて下さい。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。

プロフラミンの成分・分量

6カプセル中
80%パンテチン水溶液 375mg
大豆油不けん化物(ソイステロール) 600mg
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
(添加物)
ポリソルベート80,サフラワー油,ゼラチン,グリセリン,D-ソルビトール,酸化チタン,黄色5号

プロフラミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談すること
医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,胃部不快感,胸やけ,食欲不振,腹痛,はきけ
(2)1ヶ月位服用してもコレステロール値の改善が見られない場合
(1ヶ月ほど服用後,医療機関でコレステロール値の測定をすること)
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある。
出血が長く続く場合は,医師または薬剤師に相談すること
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続または増強が見られた場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談すること
下痢,軟便

プロフラミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
なお,服用のつどビンのフタをしっかりしめること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)本剤の使用期限は容器および外装に記載してあるので,使用期限内に服用すること。