サラシュットの効能・用量・副作用など

サラシュットの基本情報

サラシュット

サラシュット

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 噴霧剤
製造販売会社 東興薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

サラシュットの特徴

●患部に直接手を触れず,外出先でもスプレー塗布できる痔疾用外用薬です。
●軟膏が微粒子となってスプレーされますので,液だれしにくく,患部に付着します。
●ポンプ式エアレス容器を採用していますので,横向き,逆さ,どんな角度でもスプレーできます。また,容器内の残量が分かり,薬液がほとんど残りません。
●痔の痛み,出血,はれ,かゆみを抑えつつ,殺菌消毒をすることにより,痔の改善に効果を発揮します。

サラシュットの効能効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和及び消毒

サラシュットの用法用量

1日1?3回,適量を肛門部に噴射塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目やのどに入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。また,のどに入った場合は,すぐにうがいをして下さい。
(4)肛門部にのみ使用して下さい。

サラシュットの成分分量

100g中
ジブカイン 0.5g
プレドニゾロン酢酸エステル 0.1g
ベンザルコニウム塩化物 0.1g
(添加物)
l-メントール,マクロゴール,ポリソルベート80,カルボキシビニルポリマー,エデト酸ナトリウム,pH調節剤

サラシュットの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)患部が化膿している人
2.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

サラシュットの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所にキャップをして保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

サラシュットが気になる人向けのコラム

力がなくても大丈夫-自宅でできる脚のツボとマッサージ方法

パートナーにやってあげて喜ばれる脚のマッサージ2回目の今回は、脚の側面のマッサージです。横向きに寝て上側の脚を曲げてもらうと、脚の側面内側も無理なくマッサージすることができます。パートナーがテレビを見ながら横向きに寝転んでいるときなどにや... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因

市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで。ただ、検査結果が陰性でも妊娠していることがあるというのも事実。その理由をまとめました。 検査薬の精度が高くても、意外な盲点が! 妊娠を待ち望んでいる人にとって、妊娠検... 続きを読む

これならいつでもどこでもできる足の冷えとむくみ対策ストレッチ

座ったまま、あるいは立ったまま長い時間仕事をしていると、足が冷えたりだるくなったり、夕方にはむくんでぱんぱんになったりしますね。これは、動かないことで筋肉のポンプ作用が低下し、下半身の血液やリンパ液を心臓に戻す働きが悪くなっているために起... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む