ユンケル心臓薬の効能・用量・副作用など

ユンケル心臓薬の基本情報

ユンケル心臓薬

ユンケル心臓薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 強心薬(センソ含有製剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ユンケル心臓薬の特徴

●センソをはじめゴオウ,ロクジョウ,ニンジンなどが配合されており,動悸,息切れ,気付けに効果をあらわします。
●心臓に栄養を与えて心機能を高めるビタミンB1,鉄分も配合しています。
●小さな赤褐色の糖衣錠です。

ユンケル心臓薬の効能効果

動悸,息切れ,気付け

ユンケル心臓薬の用法用量

下記の1回服用量を服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):2?3錠:3回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)かまずに服用してください。
(3)本剤服用の前後30分位は,お茶やコーヒー等を飲まないでください。

ユンケル心臓薬の成分分量

9錠中
ゴオウ 6mg
センソ 3mg
ロクジョウ 3mg
ニンジン 30mg
ジンコウ 60mg
リュウノウ 15mg
ビタミンB1 硝酸塩 30mg
フマル酸第一鉄 120mg
(添加物)
セルロース,乳糖,バレイショデンプン,マクロゴール,ステアリン酸Mg,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,炭酸Ca,タルク,酸化チタン,白糖,ポリビニルアルコール(部分けん化物),ジメチルポリシロキサン,二酸化ケイ素,黄色5号,赤色3号,青色2号,カルナウバロウ

ユンケル心臓薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の強心薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ユンケル心臓薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

ユンケル心臓薬に効果効能が似た薬

ユンケル心臓薬が気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

こころと体の関係-朝、おなかが痛いのはストレスが原因かも?

ストレスの時代といわれて久しくなりますが、その傾向はますます強くなっているのではないかと思います。人は生きている以上誰でも多かれ少なかれストレスを抱えており、適度なストレスはむしろ良いとさえ言われます。けれども目に見えにくいストレスは知ら... 続きを読む

介護疲れを癒すには-介護者の心と体を癒す7つのヒント

「介護」という一言ではとても表せないほど、介護には人それぞれの、さまざまなかたちがあります。しかし多くの場合に共通して言えるのは、介護者の心と体には大きな負担がかかっているということです。「いつまで続くのか先が見えない」、「自分だけがどう... 続きを読む

鉄分を摂っても改善しない貧血、足りないのは「タンパク質」かも?!

女性は毎月、月経で大量の血液を失います。内科医の間では「女性を見たら貧血と思え」と言われるほど、女性にとって貧血は注意したい病気のひとつ。 貧血といえば鉄分不足というイメージがありますが、なかには非鉄欠乏性貧血、すなわちタンパク質不足に... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠6ヵ月・プレママクラスで“親”デビュー

妊娠生活6ヵ月、連日の猛暑でバテバテの41歳新米妊婦です。夜中や朝方に目覚めると汗ビッショリ……。そんななかでも、おなかの赤ちゃんは今日も元気に動いています! そう、6ヵ月といえば多くの妊婦が胎動を感じる時期。初めは「腸の動きかな?」... 続きを読む