ハイカユミールジェルの効能・用量・副作用など

ハイカユミールジェルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 ジャパンメディック
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ハイカユミールジェルの特徴

1.リドカインの局所麻酔作用,l-メントールとd-カンフルの局所刺激作用及びクロタミトンの鎮痒作用によりかゆみを鎮め,ジフェンヒドラミンの抗ヒスタミン作用により,かゆみをもとから抑えます。
2.さわやかな使用感:透明なゲル状の軟膏剤で,のびがよく,べとつきません。

ハイカユミールジェルの効能効果

かゆみ,虫さされ,皮膚炎,湿疹,じんましん,かぶれ,あせも,ただれ,しもやけ

ハイカユミールジェルの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(4)患部を掻かないでください。本剤にはアルコールが含有されているため,塗布した時にしみることがあります。
(5)本剤のついた手で,目など粘膜にふれないでください。
(6)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

ハイカユミールジェルの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1.0g
リドカイン 2.0g
クロタミトン 5.0g
l-メントール 3.0g
d-カンフル 2.0g
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,カルボキシビニルポリマー,1,3-ブチレングリコール,イソプロパノール,アジピン酸ジイソプロピル,エタノール

ハイカユミールジェルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ハイカユミールジェルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)時計,めがね等の金属類,化学繊維の衣類,プラスチック類,塗装のしてある床・家具等に付着すると,変質することがありますので,付着しないように注意してください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ハイカユミールジェルに効果効能が似た薬

ハイカユミールジェルが気になる人向けのコラム

男性の抜け毛を予防する4つのセルフケア-本当に効く育毛剤は?

「髪が薄くなってきた……」と悩んでいる人がまず考えるのは、育毛でしょうか?
でもその前に、「髪に悪いこと」をしていないか生活習慣をチェックしてみてください。髪の健康には、生活習慣の影響がとても大きいのです。睡眠不足、栄養バランスの偏り、ス... 続きを読む

うつ病になる前に-不安や悩みを打ち明ける相手に誰を選ぶ?

ストレス社会と言われる現代、ストレスが原因となって起こる心の不調は誰にでも起こり得ます。公的な調査結果から、職場でも日常生活でも、多くの人が不安や悩み、ストレスを感じながら暮らし、心の不調を抱える人が少なくないことが明らかになっています。... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む