メチオンパールの効能・用量・副作用など

メチオンパールの基本情報

メチオンパール

メチオンパール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 催眠鎮静薬
形状 錠剤
製造販売会社 大峰堂薬品工業
販売会社 摩耶堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

メチオンパールの特徴

メチオンパールは生薬製剤で植物生薬のみを5種類配合した鎮静薬です。慢性的な精神神経系の疲れをやわらげ,緊張感,いらいら感,疲労倦怠感などの症状を緩和します。

メチオンパールの効能効果

緊張感・興奮感・いらいら感の鎮静,前記に伴う頭重・疲労倦怠感の緩和

メチオンパールの用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15歳以上):3錠:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法,用量をお守りください。

メチオンパールの成分分量

6錠中
カノコソウエキス 260mg (鹿子草1300mg)
トケイソウ乾燥エキス 100mg (時計草700mg)
チョウトウコウ乾燥エキス 50mg (釣藤鈎500mg)
ホップ乾燥エキス 50mg (ホップ710mg)
ニンジン乾燥エキス 30mg (人参165mg)
(添加物)
黄色4号(タートラジン),ステアリン酸マグネシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),無水ケイ酸,セルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),酸化チタン,リン酸水素カルシウム,炭酸カルシウム,タルク,アラビアゴム,ゼラチン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,白糖,カルナウバロウ

メチオンパールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
○他の鎮静薬
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等があらわれることがあります。)
3.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

メチオンパールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)又,本剤の容器に本剤以外のものを入れないでください。
(4)容器の中の詰め物は,輸送中に本剤が破損するのを防止するために入れてありますので,フタを開けた後は捨ててください。ただし,乾燥剤はそのまま容器に入れた状態で保管してください。
(5)容器の中の乾燥剤は服用しないでください。
(6)容器のフタのしめ方が不十分な場合は,湿気などの影響により本剤が変質するおそれがありますので,服用後はそのつど必ずフタをしっかりしめてください。
(7)本剤にぬれた手で触れないでください。又,手にとった錠剤を元の容器にもどしますと,他の錠剤に影響を与えることがありますのでご注意ください。
(8)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(9)外箱の「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入してください。
(10)一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(11)この説明文書には,本剤を服用するときに必要な注意事項などが記載されていますので,服用が終わるまで本剤とともに外箱に入れて保管してください。

メチオンパールに効果効能が似た薬

メチオンパールが気になる人向けのコラム

アロエ植物ステロール

「アレキサンダー大王が病気予防のために栽培していた」、「クレオパトラが美貌を維持するために液汁を体に塗っていた」など、古代から健康や美容に役立てられてきたアロエ。
便秘改善、火傷や傷の治療、保湿などの作用があるとされ、長い間、民間療法的... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

フラワーエッセンスとは? 花の波動が心身のリラックスを助ける

美しく咲いている花を見ると、みずみずしいエネルギーをあたりに発散しているように感じられますね。そのような、花の持つパワーに着目した療法がフラワーエッセンスです。イギリスの細菌学者で医師のエドワード・バッチ博士が考案しました。さまざまな花が... 続きを読む

エゾウコギ

エゾウコギとは、北海道の東部に自生する植物です。朝鮮人参と同じウコギ科で、中国やシベリア北東部など限られた寒冷地に自生しています。中国では古くから漢方薬として使われていました。
日本で研究されはじめたのは約20年前ですが、生薬として ... 続きを読む