レスタミンコーワパウダークリームの効能・用量・副作用など

レスタミンコーワパウダークリームの基本情報

レスタミンコーワパウダークリーム

レスタミンコーワパウダークリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

レスタミンコーワパウダークリームの特徴

衣服,アクセサリーなど,肌に直接触れるものや汗は,湿疹,かぶれやあせも等のトラブルを引き起こす原因となることがあります。特に赤ちゃんや肌が敏感な方は,それらの刺激による肌トラブルが起こりやすく,かきむしったりすることで悪化してしまうこともあります。
レスタミンコーワパウダークリームは,抗ヒスタミン成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩,炎症を抑えるグリチルレチン酸,収れん・保護成分である酸化亜鉛を配合しており,あせもやかぶれ,湿疹などにすぐれた効きめをあらわします。
やわらかくのびのよいクリームですので広い範囲にもすーっとぬれますし,ぬった後はベトベトせず,パウダーをつけたような爽やかさが残ります。
肌がかゆくなったり,赤いポツポツ,ブツブツなどの症状が出たらお早めにご使用ください。

レスタミンコーワパウダークリームの効能効果

あせも,かぶれ,湿疹,かゆみ,ただれ,皮膚炎,しもやけ,虫さされ,じんましん

レスタミンコーワパウダークリームの用法用量

1日数回適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

レスタミンコーワパウダークリームの成分分量

1g中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 20mg
酸化亜鉛 100mg
グリチルレチン酸 1mg
(添加物)
無水ケイ酸,ヒドロキシエチルセルロース,セタノール,ステアリン酸,ミリスチン酸オクチルドデシル,流動パラフィン,ジメチルポリシロキサン,ステアリン酸ポリオキシル,ポリソルベート20,オレイン酸ソルビタン,パラベン,クエン酸,香料,エタノール

レスタミンコーワパウダークリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

レスタミンコーワパウダークリームの保管上の注意

(1)高温をさけ,直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱及びチューブに記載)をすぎた製品は使用しないでください。

レスタミンコーワパウダークリームが気になる人向けのコラム

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む