セイムビタンEXの効能・用量・副作用など

セイムビタンEXの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 東和製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

セイムビタンEXの特徴

◆セイムビタンEXは神経・筋肉系に作用するビタミンB1・B6・B12と,血液循環をよくするビタミンE,さらに自律神経を安定させるガンマ-オリザノールを配合し,眼精疲労・筋肉痛・関節痛・神経痛など目・肩・腰のつらい症状を緩和します。

セイムビタンEXの効能効果

次の諸症状の緩和:眼精疲労,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,神経痛。
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

セイムビタンEXの用法用量

次の1回量を1日1回食後に,水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):2?3錠:1回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量をお守りください。

セイムビタンEXの成分分量

3錠中
ベンフォチアミン 138.3mg
ピリドキシン塩酸塩 100mg
シアノコバラミン 1.5mg
コハク酸d-α-トコフェロール 100mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
部分アルファー化デンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,セルロース,ステアリン酸マグネシウム,無水ケイ酸,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,白糖,ポビドン,酸化チタン,タルク,プルラン,リボフラビン,カルナウバロウ

セイムビタンEXの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
3,服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
軟便,下痢,便秘
5. 服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

セイムビタンEXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

セイムビタンEXが気になる人向けのコラム

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

うつ病は抗うつ剤を飲まずに完治できる? 抗うつ剤の副作用-うつに効く漢方

以前より治療法が増えてきているうつ病ですが、治療の中心となるのは、薬物療法。抗うつ剤を用いた治療が多く行われています。軽い症状の場合は、漢方が有効に働くことも。この代表的な2つの治療薬についてまとめました。 薬で不足した脳内神経伝達物... 続きを読む

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む