ワダカルシュームエースの効能・用量・副作用など

ワダカルシュームエースの基本情報

ワダカルシュームエース

ワダカルシュームエース

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 カルシウム主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 ワダカルシウム製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ワダカルシュームエースの特徴

●1日1回,4錠の服用で610mgのカルシウムが補給できます。
●カルシウムの吸収を促進するビタミンD3や,カルシウムの代謝に必要なマグネシウムを配合しています。
●有効成分のカルシウムは鉱物由来の原料を使用しています。
●カルシウムが必要な妊娠・授乳期のお母さんや加齢にともなうカルシウムの吸収が衰えがちな方などにも適しています。

ワダカルシュームエースの効能効果

●次の場合の骨歯の発育促進:虚弱体質,腺病質。
●妊娠授乳婦の骨歯の脆弱防止
*腺病質とは,体格が貧弱で,貧血気味の虚弱で神経質な体質をいいます。

ワダカルシュームエースの用法用量

次の量を,服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:1回
7歳以上15歳未満:2錠:1回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を守ってください。

ワダカルシュームエースの成分分量

4錠中
沈降炭酸カルシウム 1525mg (カルシウムとして610mg)
炭酸マグネシウム 118.4mg (マグネシウムとして30mg)
コレカルシフェロール 10μg (400 I.U.)
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,トウモロコシデンプン,ゼラチン,硬化油,中鎖脂肪酸トリグリセリド,モノラウリン酸ソルビタン,グリセリン脂肪酸エステル,タルク,白糖

ワダカルシュームエースの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,悪心・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,下痢
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ワダカルシュームエースの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変化するおそれがあります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤の破損を防ぐためのものですから,開封後は捨ててください。
(6)水分が錠剤につくと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れたものを容器に戻さないでください。
(7)開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(8)錠剤表面の微褐色球形斑点は成分のビタミンD3によるものです。

ワダカルシュームエースが気になる人向けのコラム

見た目年齢に関係あり!血管を若く保つ5つのポイント

日本人の死因の1位はがんですが、2位は男女とも「心疾患」で、女性の3位は「脳血管疾患」(平成25年人口動態統計より)。心疾患も脳血管疾患も血管の老化が引き起こす病気で、女性の場合、この2つをあわせると1位のがんよりも多くなっています。 ... 続きを読む

4月2日は「歯列の日」。最先端の歯列矯正治療を紹介

4月2日は「歯列の日」の日です。歯並びの悪さは、見た目の問題だけではなく、全身の健康にも影響するとあって、大人になってから矯正治療をする人もいます。ただし、歯列矯正治療に対しては「痛そう」「治療中の見た目がイヤ」「何年もかかるのが負担」... 続きを読む

赤ちゃんのむし歯予防は妊娠中から? むし歯をうつさない生活とは

もしもむし歯に悩んだことのある女性なら、自分に赤ちゃんが生まれたら丈夫な歯で育つように気をつけてあげよう、と考えるかもしれませんね。赤ちゃんのうちから歯の健康を考えてあげることは、その子の一生にとって大きな贈り物になるにちがいありません。... 続きを読む

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む