マリンアイALGの効能・用量・副作用など

マリンアイALGの特徴

○抗アレルギー剤として使用されているクロモグリク酸ナトリウム配合点眼剤にさらに生薬由来成分であるグリチルリチン酸二カリウムを配合したアレルギー症状に効く点眼薬です。
○クロモグリク酸ナトリウムは,アレルギーを引き起こす化学物質の放出を抑えることにより花粉やハウスダストなどによる目のアレルギー症状を緩和します。
さらに,抗炎症剤のグリチルリチン酸二カリウムと抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンマレイン酸塩の配合により,目のかゆみや充血,なみだ目などのつらいアレルギー症状にすぐれた効果を発揮します。
○アレルギー症状を起こした目にさわやかな清涼感を与えます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 アレルギー用点眼薬
形状 液剤 
製造会社 佐賀製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 NEWエージーアイズ   NEWエージーアイズクール   NEWエージーアイズモイストC   アイジーAL   アイフリーコーワAL  



マリンアイALGの効能・効果

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和:目のかゆみ,目の充血,目のかすみ(目やにの多いときなど),なみだ目,異物感(コロコロする感じ)

マリンアイALGの用法・用量

1回1〜2滴,1日4〜6回点眼してください。
2日間使用しても症状の改善がみられない場合には,医師又は薬剤師に相談してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先をまぶた,まつ毛などに触れさせないでください(目やにや雑菌などのため,薬液が汚染又は混濁することがあります)。また,混濁したものは使用しないでください。
(3)コンタクトレンズの装着液として,またコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(4)点眼用にのみ使用してください。

マリンアイALGの成分・分量

100mL中
クロモグリク酸ナトリウム 1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 15mg
グリチルリチン酸二カリウム 125mg
(添加物)
エデト酸ナトリウム水和物,イプシロン-アミノカプロン酸,ホウ酸,ホウ砂,d-ボルネオール,d-カンフル,メチルパラベン,プロピルパラベン,エタノール

マリンアイALGの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと事故が起こりやすくなります。)
●点鼻薬と併用する場合には,使用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります)。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)減感作療法等,アレルギーの治療を受けている人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人:はげしい目の痛み。
(6)次の診断を受けた人:緑内障。
(7)アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
特に次のような場合は,アレルギーによるものとは断定できないため,使用前に医師に相談してください。
○片方の目だけに症状がある場合
○目の症状のみで,鼻には症状がみられない場合
○視力にも影響がある場合
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ,痛み
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ等があらわれる。
3.次の場合は,使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2日間使用しても症状がよくならない場合
4.症状の改善がみられても,2週間を超えて使用する場合は,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

マリンアイALGの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,なるべく涼しいところに密栓して保管してください。特に車のダッシュボード等,高温下に放置すると,容器の変形や薬液の変化を生じるおそれがあります。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります)。
(4)汚染をさけるため,他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた商品は使用しないでください。また,使用期限内であっても,開封後はできるだけ速やかに使用してください。開封後,長く放置すると濁りや変質のおそれがありますので,注意してください。
(6)保存状態によっては,成分の結晶が容器の点眼口周囲やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼで軽くふきとってから使用してください。