マンナUXの効能・用量・副作用など

マンナUXの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 プロダクト・イノベーション
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

マンナUXの特徴

◆冬になり気温が下がると空気が乾燥します。また,近年エアコン等の普及によって,冬だけでなく一年中空気が乾燥しています。このことが肌から水分を失わせて,かさつきやかゆみの原因となっています。マンナUXは,乾燥した肌に水分を保持する働きを持つ尿素,保湿成分のトコフェロール酢酸エステル,かゆみ止め成分のリドカイン,ジフェンヒドラミン塩酸塩,d-カンフルを配合した広くのびてベタつかない白色のクリームです。おやすみ前や外出時に1日2回程度使用してください。また,入浴後にぬると効果的です。

マンナUXの効能効果

かゆみをともなう乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症,小児の乾燥性皮膚)

マンナUXの用法用量

1日1?数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)本剤のついた手で,目などの粘膜に触れないでください。
(6)化粧品ではないので,基礎化粧品等の目的で顔面には使用しないでください。

マンナUXの成分分量

100g中
尿素 10g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
d-カンフル 1g
リドカイン 2g
トコフェロール酢酸エステル 0.3g
(添加物)
プロピレングリコール,トリエタノールアミン,パラベン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリオキシエチレンソルビタンステアレート,ステアリルアルコール,セタノール,カルボキシビニルポリマー,セバシン酸ジエチル

マンナUXの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)顔面,目の周囲,粘膜(例えば口腔,鼻腔,膣等)等。
(2)炎症又は傷のある患部。
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれている患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,刺激感(痛み,熱感,ぴりぴり感),はれ,かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

マンナUXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるのを防ぐため。)
(4)使用期限(外箱及び容器に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早くご使用ください。

マンナUXが気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

冬のお肌ケア-乾燥からお肌を守る方法|洗顔やメイクのコツ

ウインターシーズンの大敵は戸外の風!
冷たい風に当たると、肌は急速に乾燥してしまいます。ですから風の強い日の外出は注意が必要。スカーフを上手に使うなどして、顔をじかに風にさらさないようにしましょう。また、エアコンの風にもご注意。加湿器を使... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む