ベトネベートN軟膏ASの効能・用量・副作用など

ベトネベートN軟膏ASの基本情報

ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートN軟膏AS

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 グラクソ・スミスクライン
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ベトネベートN軟膏ASの特徴

●ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)が,しっしん,かぶれ等の皮膚の炎症にすぐれた効き目を発揮します。
●抗菌作用を有する抗生物質フラジオマイシン硫酸塩を配合しています。
●患部を保護する油性基剤なので,ジュクジュクした患部に適しています。

ベトネベートN軟膏ASの効能効果

化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん
化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎)

ベトネベートN軟膏ASの用法用量

1日1?数回,適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
1.使用法を厳守して下さい。
2.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
3.目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
4.外用にのみ使用して下さい。
5.使用部位をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないで下さい。
6.化粧下,ひげそり後などに使用しないで下さい。

ベトネベートN軟膏ASの成分分量

100g中
ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12g
フラジオマイシン硫酸塩 0.35g(力価)
(添加物)
流動パラフィン,ワセリン

ベトネベートN軟膏ASの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
本剤又は本剤の成分,抗生物質によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の部位には使用しないで下さい。
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等
(2)目の周囲,粘膜等
3.顔面には,広範囲に使用しないで下さい。
4.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)湿潤やただれのひどい人
(6)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,水疱
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ベトネベートN軟膏ASの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
4.表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

ベトネベートN軟膏ASが気になる人向けのコラム

不整脈ってなに? 自覚症状はある? 不整脈があるとどうなるの?

心臓の脈の打ち方が乱れる不整脈。自分では自覚症状がないのに、人間ドッグで指摘されて初めて気づく人も多いのが現状です。治療が不要なものから、手術が必要なものまであるので、正しい知識を身につけて対処しましょう。 脈の動きがバラつくことで症... 続きを読む

肌を傷めない“ムダ毛処理”でつるつる美肌-5つの処理方法

初夏の日差しがまぶしい季節ですね。この夏はどんなファッションにトライしよう、どこへ出かけようと楽しい計画にウキウキしますよね。肌を露出するファッションに大敵なのがムダ毛。ある化粧品メーカーのアンケートでは、6割以上の女性が「自分は毛深い、... 続きを読む

キューティクル

キューティクルといえば、ツヤ髪のモトというのはみなさんご存知ですよね。日本語にすると「小皮」や「角皮」といい、髪や爪のような硬いたんぱく質を覆う保護膜のこと。実は、爪の周りの甘皮も同じものなんです。無色透明で、哺乳類だけでなく昆虫にもある... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

ストレスで一気に白髪になることってあるの? 白髪に有効な食べ物

歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあること。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、などということが起こり得るものでしょうか。
歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの... 続きを読む