ケラチナミンコーワWクリームの効能・用量・副作用など

ケラチナミンコーワWクリームの基本情報

ケラチナミンコーワWクリーム

ケラチナミンコーワWクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ケラチナミンコーワWクリームの特徴

手指のあれや乾燥肌は,皮膚のバリア機能に重要な油分(皮脂,細胞間脂質)や天然保湿因子が減少するなどして,皮膚が充分な水分を保てずに乾燥してしまった状態です。
そのままにしておくと,外からの刺激を受けやすく,皮膚のガサガサ(ドライスキン)がさらにひどくなったり,角質層が厚く硬くなったりして,症状が悪化する場合があります。
《水分を保持
油分でバリア

本剤をお使いいただくと,まず尿素が体の中の水分を引き寄せて皮膚をみずみずしく保つと同時に,ガンマ-オリザノール(米ぬかに含まれる油性成分)が皮膚表面を保護しながら皮脂腺の働きを改善してバリア機能を補います。さらに,荒れた皮膚に起こりがちな炎症を抑えるグリチルレチン酸の働きも加わって,皮膚を正常な状態に治していきます。

ケラチナミンコーワWクリームの効能効果

手指のあれ,ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症,老人の乾皮症,さめ肌

ケラチナミンコーワWクリームの用法用量

1日数回適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児(15歳未満)には使用させないでください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)化粧品ではありませんので,効能・効果で定められた患部のみに使用し,基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

ケラチナミンコーワWクリームの成分分量

100g中
尿素 20g
グリチルレチン酸 0.3g
ガンマ-オリザノール 1g
(添加物)
ワセリン,ステアリルアルコール,セタノール,流動パラフィン,ポリソルベート60,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ステアリン酸グリセリン,エデト酸ナトリウム,グリシン,リン酸二水素カリウム,水酸化ナトリウム

ケラチナミンコーワWクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目のまわり,粘膜等。
(2)引っかき傷等のきずぐち,亀裂(ひび割れ)部位。
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ。
(4)炎症部位(ただれ・赤くはれているところ)。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(いたみ,熱感,ぴりぴり感),かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ケラチナミンコーワWクリームの保管上の注意

(1)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(5)衣類に付着すると,まれに黄ばみを生じることがありますので,注意してください。
(6)使用期限(外箱及びチューブに記載)をすぎた製品は使用しないでください。

ケラチナミンコーワWクリームが気になる人向けのコラム

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む

食物繊維たっぷりの米ぬかダイエット

米ぬか
体の中から老廃物を排出して、内側から美しくなりたいなら、食物繊維たっぷりの米ぬかダイエットがおすすめです。
米ぬかは、玄米の持っている栄養分のうちおよそ95%を持っているというほど栄養豊富な食材ですので、食物繊維、ビタミンやミ... 続きを読む

美しくしなやかなスタイルを手に入れる! バレエエクササイズ

太ももの内側のタプタプした脂肪が気になっている人も多いと思います。ここには内転筋という筋肉があり、この筋肉をきたえることによって、内もものひき締めが可能となります。
内転筋をきたえるには、ひざを閉じるような動作の入る運動が有効です。こ... 続きを読む