イスクラ参馬補腎丸の効能・用量・副作用など

イスクラ参馬補腎丸の基本情報

イスクラ参馬補腎丸

イスクラ参馬補腎丸

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イスクラ参馬補腎丸の特徴

「イスクラ参馬補腎丸」は,13種類の動物性・植物性生薬を配合し丸剤としたもので,虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症の場合の滋養強壮を目的としております。

イスクラ参馬補腎丸の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

イスクラ参馬補腎丸の用法用量

次の量を,1日2回,食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):8丸:2回
15歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,15歳未満の小児には服用させないでください。

イスクラ参馬補腎丸の成分分量

16丸(3.2g)中
ニンジンエキス 0.7g (ニンジン3g)
ジオウ 0.3g
リュウコツ 0.3g
ゴミシ 0.2g
ブクリョウ 0.1g
サンシュユ 0.06g
シュクシャ 0.03g
トチュウ 0.4g
インヨウカク 0.2g
ホコツシ 0.15g
カイバ 0.1g
ロクジョウ 0.1g
ロクジン 0.1g
(添加物)
ハチミツ,トウモロコシデンプン,タルク,パラフィン

イスクラ参馬補腎丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)血圧の高い人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5. 長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ参馬補腎丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ参馬補腎丸が気になる人向けのコラム

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるように... 続きを読む