新ハイゼリー顆粒の効能・用量・副作用など

新ハイゼリー顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 散剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新ハイゼリー顆粒の特徴

○自律神経系などに作用して滋養強壮効果をあらわすローヤルゼリーを有効成分として配合した医薬品です。
○食欲不振や病中病後など体調がすぐれない時,疲れやだるさを感じたときなどの栄養補給にじんわりと効き目を示します。
○ローヤルゼリーとともに身体の内側から働くビタミンB6・Eを配合し,さらに米ヌカ抽出成分のガンマ-オリザノール,セイヨウサンザシエキスが効果を発揮します。
○ヨーグルト風味で服用しやすいサラサラ顆粒です。

新ハイゼリー顆粒の効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

新ハイゼリー顆粒の用法用量

成人(15才以上)1回1包,1日2回食後に服用してください。
なお,15才未満は服用しないでください。
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を守ってください。

新ハイゼリー顆粒の成分分量

2包(2.4g)中
ローヤルゼリー 600mg
ピリドキシン塩酸塩 12mg
トコフェロール酢酸エステル 100mg
ガンマ-オリザノール 10mg
セイヨウサンザシエキス 40mg (西洋山査子280mg)
(添加物)
エリスリトール,スクラロース,タルク,トウモロコシデンプン,バレイショデンプン,ポビドン,乳糖水和物,香料,エチルバニリン,バニリン

新ハイゼリー顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:下痢,胸やけ,吐き気,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

新ハイゼリー顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

新ハイゼリー顆粒に効果効能が似た薬

新ハイゼリー顆粒が気になる人向けのコラム

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

パーキンソン病とは-主な4つの症状と治療法について

パーキンソン病は、主として働き盛りに発症する病気であるだけに、職場の理解や家族の協力、社会的な支援も大切な支えになります。同時に患者同士の情報交換も励みになり、最近はインターネットの活用も盛んです。その一つ「APPLE
明るく生きるパーキ... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

たった10秒でできる健康管理-5つの顔色で分かるあなたの体調

日ごろ、どんなに忙しくしている女性でも鏡を見る習慣のない人はいないでしょう。また男性でも、朝、顔を洗うときくらいは、洗面台の鏡に映った自分の顔に目がいくのではないでしょうか?
そのわずか10秒で、顔色から、体の不調やその背景にある生活... 続きを読む