ムヒホワイティの効能・用量・副作用など

ムヒホワイティの基本情報

ムヒホワイティ

ムヒホワイティ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 池田模範堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ムヒホワイティの特徴

■虫さされ跡って,なぜできるの?
虫にさされると,赤くはれたり,数日後に虫さされ跡が残ることがあります。
赤いはれは,虫さされによる炎症が原因です。さらに虫さされ跡は,炎症やかきこわしてしまうことによる皮ふの損傷が,メラニン細胞を刺激し,メラニンが大量に作り出されることが原因です。
■ムヒホワイティの特長
特長1:かゆみをすばやく止めるのはもちろん,虫さされ跡の原因となる炎症(はれ・赤み)をしっかり抑えます。
特長2:組織修復成分が,炎症やかきこわしによってダメージを受けた皮ふを治療します。
特長3:すぅーっと肌にしみこんで,しっかり効く透明とろ?り液です。
■ムヒホワイティは虫さされ・かゆみ止め薬です。残ってしまった黒っぽい跡やシミを消すものではありません。

ムヒホワイティの効能効果

虫さされ,かゆみ,皮膚炎,かぶれ,湿疹,じんましん,あせも

ムヒホワイティの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
・よく振って使用してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお,本剤の使用開始目安年齢は生後6カ月以上です。
(3)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに大量の水又はぬるま湯で洗い,直ちにこの説明文書をもって眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

ムヒホワイティの成分分量

100g中
ヒドロコルチゾン 0.5g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
l-メントール 2.5g
dl-カンフル 0.5g
アラントイン 0.2g
(添加物)
疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース,パルミチン酸アスコルビン酸,ポリオキシエチレンオレイルエーテル,乳酸,エタノール

ムヒホワイティの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面,目の周囲,粘膜等。
2.ステロイド成分を含んでいるため,同じ部位に長期連用しないでください(目安として顔面で2週間以内,その他の部位で4週間以内)
特に顔面の広範囲に続けて長く使用すると赤ら顔のようになることがあります。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬や化粧品等によりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
患部:みずむし・たむし等の白せん症,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

ムヒホワイティの保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)液がたれないように注意して使用してください。
(6)次の物には付着しないように注意してください。(変質する場合があります。)
床や家具などの塗装面,メガネ,時計,アクセサリー類,プラスチック類,化繊製品,皮革製品等。
(7)使用期限(ケース底面及び容器底面に西暦年と月を記載)をすぎた製品は使用しないでください。
使用期限内であっても,品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。
(8)液もれを防ぐためキャップをしっかり閉めてください。

ムヒホワイティが気になる人向けのコラム

足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に

素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけたいもの。普段はあまり気にしていないかもしれませんが、足の小指のつけねが痛い人は、もしかしたら内反小趾(ないはんしょうし)かもしれません。 外反拇趾に比べて知られていない内反... 続きを読む

鉄欠乏性貧血の予防は3度の食事が大事-鉄分と一緒に摂りたい栄養素

ちょっと階段を上っただけで息切れがしたり心臓がドキドキする。めまいや頭痛がする。疲れやすい。イライラして物事に集中できない。こんな症状は、もしかしたら鉄欠乏性貧血が原因かもしれません。
鉄欠乏性貧血は、いろいろなタイプの貧血の中でも最... 続きを読む

梅雨から夏のじめじめをアロマで快適に-鼻づまり解消や虫除けにも

今年は梅雨入りが少し遅れている様子です。この時期は気圧のせいもあり、体がだるかったり、気分も今一つのりません。そんなときこそ、ひと工夫で毎日の生活が変わります。私たちの周りにあるものを使って、ちょっとしたケアを始めましょう。
塩は、人... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む