オノフェFの効能・用量・副作用など

オノフェFの基本情報

オノフェF

オノフェF

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 森下仁丹
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

オノフェFの特徴

■●とびひとは…
細菌が原因で起こる皮膚の感染症。患部が赤くなり,かゆみを伴い,周囲に水疱ができます。また,つぶすと症状が広がります。とびひになりそうな患部は定期的な観察が必要です。とびひの初期症状を見つけ,効果的な治療をしましょう。
■●めんちょう・毛のう炎とは…
細菌が原因で起こる毛穴の感染症。黄色い膿を持ち,周囲が赤く腫れます。顔にできるものを特にめんちょうといいます。
■●オノフェFは
オノフェFは,とびひ・化膿の原因菌をスルファジアジンが殺菌し,酸化亜鉛がじゅくじゅくした炎症をおさえ,アラントインが組織の生成を促し,治りを早める軟膏タイプの医薬品です。皮膚は外部の細菌や刺激から私たちの身体を守っていますが,肌にトラブル(かき傷,すり傷,きり傷,湿疹,かぶれなど)が起こっている状態では細菌に感染し化膿しやすくなります。感染や化膿を防ぐためにも,患部を清潔に保ち,さわったり無理やりウミを出すことは避け,早めに治療しましょう。

オノフェFの効能効果

化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎)

オノフェFの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布するか,又はガーゼ等に延ばして貼ってください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
【チューブの穴の開け方】
キャップを逆さにして,突起部をチューブの先に強く押し当ててください。

オノフェFの成分分量

100g中
スルファジアジン 5g
酸化亜鉛 5g
アラントイン 0.5g
(添加物)
d-ボルネオール,マクロゴール,ラノリン,ワセリン

オノフェFの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)湿潤やただれのひどい人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

オノフェFの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

オノフェFが気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

イヤなブツブツ!正体はマラセチア毛包炎?

「マラセチア毛包炎」とは?

皮膚の常在菌である癜風菌(でんぷうきん)(マラセチア・ファーファー)が、胞子の形のままで毛包内で増殖するために生じる病気です。
マラセチア毛包炎 - gooヘルスケア

赤いブツブツが体のあちこちに... 続きを読む

肌を傷めない“ムダ毛処理”でつるつる美肌-5つの処理方法

初夏の日差しがまぶしい季節ですね。この夏はどんなファッションにトライしよう、どこへ出かけようと楽しい計画にウキウキしますよね。肌を露出するファッションに大敵なのがムダ毛。ある化粧品メーカーのアンケートでは、6割以上の女性が「自分は毛深い、... 続きを読む

キューティクル

キューティクルといえば、ツヤ髪のモトというのはみなさんご存知ですよね。日本語にすると「小皮」や「角皮」といい、髪や爪のような硬いたんぱく質を覆う保護膜のこと。実は、爪の周りの甘皮も同じものなんです。無色透明で、哺乳類だけでなく昆虫にもある... 続きを読む