ドリグッドカプセルの効能・用量・副作用など

ドリグッドカプセルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 解熱鎮痛薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 共栄製薬工業
販売会社 マイクロウェーバー
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ドリグッドカプセルの特徴

ドリグッドカプセルは,痛み,発熱等の症状に効きめをあらわすイブプロフェン製剤です。のみやすいカプセルで,痛みや発熱等にすぐれた効果を発揮します。

ドリグッドカプセルの効能効果

頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・捻挫痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛,悪寒・発熱時の解熱

ドリグッドカプセルの用法用量

1日3回を限度とし,なるべく空腹時をさけて服用してください。
服用間隔は4時間以上おいてください。
[年令:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1カプセル:3回まで
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)(カプセルの取り出し方)
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

ドリグッドカプセルの成分分量

3カプセル中
イブプロフェン 450mg
(添加物)
サラシミツロウ,中鎖脂肪酸トリグリセリド,ゼラチン,濃グリセリン,酸化チタン,色素

ドリグッドカプセルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人
(3)15才未満の小児
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬
3.服用時は飲酒しないでください。
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)本人又は家族がアレルギー体質の人
(6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(7)次の診断を受けた人
心臓病,腎臓病,肝臓病,全身性エリテマトーデス,混合性結合組織病
(8)次の病気にかかったことのある人
胃・十二指腸潰瘍,潰瘍性大腸炎,クローン病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,胃痛,胃部不快感,口内炎
精神神経系:めまい
その他:目のかすみ,耳なり,むくみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
腎障害:尿量が減り,全身のむくみ及びこれらに伴って息苦しさ,だるさ,悪心・嘔吐,血尿・蛋白尿等があらわれる。
無菌性髄膜炎:首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,悪心・嘔吐等の症状があらわれる。(このような症状は,特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている。)
ぜんそく
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師,歯科医師又は薬剤師に相談してください。
便秘,下痢

ドリグッドカプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ドリグッドカプセルが気になる人向けのコラム

保険も適用!耳掃除は耳鼻科でした方がいい? 正しい耳掃除の仕方

耳垢が気になったとき、耳掃除はどうしていますか。耳かきや綿棒を使って耳垢を取ろうとしても、なかなか上手く取れないこともあります。「耳掃除大好き!」という人もいますが、自分でやる耳掃除にはキケンも…。 そこで、耳掃除に関する“耳より”情... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む

生理痛の原因-ひどい痛みは子宮内膜症かも?-痛みに効く14のツボ

生理時期に起きる最も多いトラブルが生理痛です。生理痛はどうして起きるのか、また、生理痛への対処法についてご紹介します。 経血を押し出すために子宮が収縮することが痛みを引き起こす 生理痛とは、腹痛だけでなく、腰や頭が痛い、吐き気がするな... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 1-痛む場所から分かる病気と症状とは?

腹痛とは腹部に感じる痛みのこと。経験したことがない人はいないといってもいいくらい、日常的に起こる症状ですが、その原因は食べすぎ・飲みすぎなど自然に回復するものから、緊急に治療を必要とする疾患までさまざまです。
また、腹痛、お腹が痛いとい... 続きを読む