イスクラ勝湿顆粒の効能・用量・副作用など

イスクラ勝湿顆粒の基本情報

イスクラ勝湿顆粒

イスクラ勝湿顆粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かっ香正気散
形状 散剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イスクラ勝湿顆粒の特徴

「イスクラ勝湿顆粒」は,ビャクシ,ソヨウ,カッコウなど13種類の植物性生薬から構成され,これらの生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので,体力中等度以下の方の感冒,暑さによる食欲不振,急性胃腸炎,下痢,全身倦怠の改善を目的としております。

イスクラ勝湿顆粒の効能効果

体力中等度以下のものの次の諸症:感冒,暑さによる食欲不振,急性胃腸炎,下痢,全身倦怠

イスクラ勝湿顆粒の用法用量

次の量を,いずれも1日3回,食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させてください。

イスクラ勝湿顆粒の成分分量

3包(6.0g)中
勝湿エキス 4.3g (ビャクジュツ・ブクリョウ・ハンゲ各3.0g,コウボク・チンピ・タイソウ各2.0g,キキョウ1.5g,ビャクシ・カンゾウ・ソヨウ・カッコウ・ダイフクヒ各1.0g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン

イスクラ勝湿顆粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(急性胃腸炎,下痢に服用する場合には5?6回,感冒に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ勝湿顆粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ勝湿顆粒が気になる人向けのコラム

消費カロリーが多い全身浴ダイエット

全身浴
全身浴ダイエットではお風呂のお湯に全身つかって痩せることを目指します。
お風呂で半身浴をされるとダイエットに良いと聞いた方は多いでしょうが、上半身はお湯につかっていないため消費カロリーは意外と低いのです。
しかし全身浴では上... 続きを読む

効率よく脂肪を燃やす! 15分コアトレーニングのウォームアップ

心の緊張を解くためには、筋肉の緊張をほぐして体をリラックスさせてあげることが重要です。また、心身とも深いつながりがあるのが呼吸です。酸素をたくさんとり入れるエアロビクスは、気分を高揚させたり、心をおちつかせゆったりとした気分にさせる効果が... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む

肩こりとストレスを一気に解消できる! 2つのヨガストレッチ

この春、進学や就職、異動などで新しい生活が始まり、慣れない環境の中で頑張っている人も多いことでしょう。環境の変化は体にも心にもストレスとなります。気がついたら肩や腰はコチコチ、精神的な緊張で夕方にはぐったりという人もいるのでは?
そこ... 続きを読む