ヘパリペアの効能・用量・副作用など

ヘパリペアの特徴

思わず触れたくなる健やかな肌へ
~腕・脚・デコルテの乾皮症にも~
■ラメラ構造の修復に着目
ラメラ構造とは
肌の最も上にある角質層の細胞間脂質の油分と水分がミルフィーユのように何層にも重なった層のこと。
ラメラ構造が安定し,規則正しく並んでいる肌は水分を抱え込んで外に逃がさないように調節したり,体内へ異物や刺激が侵入するのを防ぎ,優れたバリアの役割を果たします。
●ヘパリン類似物質
ラメラ構造を修復し,整える
ダメージを受けて壊れた肌のラメラ構造を修復し,整えます。また肌(角質層)の天然うるおい因子を増加させます。
《角質に潤いと柔軟性を与える》
優れた保湿・吸湿力で乾燥皮フの角質層内の水分量を増加させることができます。
《肌の奥(真皮)まで深く浸透し,血流を改善,肌を健やかに保ちます》
●ビタミンA
《肌(角質層)の新陳代謝を高め,荒れた肌もなめらかに整えます》

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤 
製造会社 ロート製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC 白色ワセリン   アキュパットEXクリーム   アットノンL   エスミナン20   エプールHPクリーム  



ヘパリペアの効能・効果

乾皮症,ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症,手指のあれ,手足のひび・あかぎれ,しもやけ(ただれを除く),傷・火傷のあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く),打ち身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛,小児の乾燥性皮膚

ヘパリペアの用法・用量

1日1~数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,異常があるときは医師にご相談ください。
(3)外用にのみ使用してください。

ヘパリペアの成分・分量

1g中
ヘパリン類似物質 3mg
ビタミンA油 5mg (ビタミンA 5000国際単位)
(添加物)
グリセリン,エタノール,オレフィンオリゴマー,パルミチン酸イソプロピル,ジメチルポリシロキサン,セタノール,ポリソルベート60,ステアリン酸ソルビタン,カルボキシビニルポリマー,トコフェロール酢酸エステル,ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),パラベン,エデト酸ナトリウム,トリエタノールアミン,香料,黄色4号(タートラジン)

ヘパリペアの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は使用しないでください。
1.出血性血液疾患(血友病,血小板減少症,紫斑病など)の人。
2.わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人。
(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがある)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください。

ヘパリペアの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早くご使用ください。