凉讃湯の効能・用量・副作用など

凉讃湯の基本情報

凉讃湯

凉讃湯

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 その他
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

凉讃湯の特徴

「凉讃湯」は寝小便を改善するために,14種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

凉讃湯の効能効果

寝小便

凉讃湯の用法用量

本品1袋を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水550mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
7歳以上15歳以下:成人の1/2量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/3量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/6量:3回
2歳未満:成人の1/10量:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)服用に際しては人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

凉讃湯の成分分量

1包(33.9g)中
ニンジン 3.0g
ジオウ 3.0g
トウキ 3.0g
ショウマ 3.0g
チモ 3.0g
ヤクチ 3.0g
ブクリョウ 3.0g
センキュウ 3.0g
コウブシ 3.0g
タイソウ 3.0g
チンピ 3.0g
ケイヒ 0.3g
ショウキョウ 0.3g
カンゾウ 0.3g
(添加物)
添加物は含有していません。

凉讃湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,下痢
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

凉讃湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

凉讃湯に効果効能が似た薬

凉讃湯が気になる人向けのコラム

在宅サービスを利用するために-実際の利用例からみるケアプラン

自宅で介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受け、ケアプランを作成する必要があります。ケアプランとは、どのサービスをどの程度利用するかというスケジュール計画のこと。自分で作成することもできますが、専門的な知識が必要で煩雑な事務作業... 続きを読む

寒い夜におすすめのホットドリンク-就寝前に飲んでも大丈夫な飲み物

暖冬とはいっても、寒い日が続きますね。寒い夜を暖かく、ぐっすり眠るには、お風呂でゆっくり温まる、軽いストレッチなどで血行をよくして体のこりをほぐす、眠る前に寝室を十分に暖めておくなどの工夫が必要です。それでも、足先が冷たくて、体の芯が冷え... 続きを読む

お風呂を攻略すれば素肌美人になれる! 入浴剤は買わないで作る

一日の終わりに、ホッとくつろぐバスタイム。このリラックスした時間をさらに充実したものにしてみませんか?
ひと手間かけるだけでいつものお湯が、美容と健康にいいお湯に変身!
市販の入浴剤を使用するのもいいですが、自宅にある材料を自分の好みに合... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part2-水虫の検査の仕方、爪水虫の治療法

白癬菌(はくせんきん)の検査では、一般に苛性(かせい)カリ鏡検法(きょうけんほう)が用いられます。まず、病変部から白癬菌が寄生していると思われる皮膚の最外層(角質層の一部)をピンセットなどで取ります。
次に採取した皮膚の一部を顕微鏡観察... 続きを読む

ピクノジェノール

サプリメントに関心の高い読者なら、すでにご存知かもしれません。ピクノジェノールは、松の皮の成分。といっても日本の松ではダメで、フランス南西部(ボルドー地方と、ピレネー山脈の間)の大西洋岸。この土地の海岸松樹皮から抽出される成分のこと。また... 続きを読む