ストレージタイプSAの効能・用量・副作用など

ストレージタイプSAの基本情報

ストレージタイプSA

ストレージタイプSA

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清上防風湯
形状 散剤
製造販売会社 ツムラ
販売会社 武田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 清上防風湯   

ストレージタイプSAの特徴

●にきびに,漢方処方「清上防風湯」が優れた効果をあらわし,身体の内側から不快な症状を改善します。
●顔や頭部のしっしんにも優れた効果をあらわします。
●のみやすい黄かっ色の顆粒(スティック包装)です。

ストレージタイプSAの効能効果

体力中等度以上で,赤ら顔でときにのぼせがあるものの次の諸症:にきび,顔面・頭部の湿疹・皮膚炎,あかはな(酒さ)

ストレージタイプSAの用法用量

次の量を,食前に水またはお湯で服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1包:2回
7歳?14歳:2/3包:2回
4歳?6歳:1/2包:2回
2歳?3歳:1/3包:2回
2歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

ストレージタイプSAの成分分量

2包(3.75g)中
清上防風湯エキス 2.375g(乾燥エキスとして) (オウゴン・キキョウ・サンシシ・センキュウ・ハマボウフウ・ビャクシ・レンギョウ各1.25g,オウレン・カンゾウ・キジツ・ケイガイ・ハッカ各0.5g)
(添加物)
乳糖水和物,ステアリン酸マグネシウム

ストレージタイプSAの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
4.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ストレージタイプSAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に箱に入れて保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。

ストレージタイプSAが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】赤ら顔が気になります。治す方法はあるの?

私は赤ら顏で、素顔で外に出られません。 化粧で隠しています。赤ら顔の治し方はありますか? (質問者
higanさん) 教えて!goo higanさんのように赤ら顔で悩んでいる人のために、食と美容、健康など幅広い知識を持ち、雑誌やテ... 続きを読む

スカルプケアは全身の健康と美容に効く-1日3分の頭皮マッサージ

あなたの髪は元気ですか?
健やかで美しい髪は、健康な頭皮から生まれます。髪のツヤやコシ、ボリュームは気になっても、頭皮を気にする人はあまりいないかもしれませんが、髪を苗とすると、頭皮は畑(土壌)に例えられます。土壌=頭皮が豊かでないと、苗... 続きを読む

目が疲れたときのツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

疲れたり肩がこったりしたとき、ツボを指圧したりマッサージしてもらうと、なんとも気持ちがよいものです。でもいつも家族や友達に頼むわけにもいきませんし、治療院に通うには時間もお金もかかります。
疲れや体のこりを感じたとき、自分でできるツボ... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

脳腫瘍の基礎知識 早期に現れる9つの症状 腫瘍部位別症状

頭蓋骨内にできた腫瘍を総称して「脳腫瘍」といいます。頭蓋骨内の組織そのものから発生した「原発性脳腫瘍」と、ほかの臓器・部位にできたがんが転移した「転移性(続発性)脳腫瘍」に大別されます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最... 続きを読む