サロメチールFBゲルαの効能・用量・副作用など

サロメチールFBゲルαの基本情報

サロメチールFBゲルα

サロメチールFBゲルα

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

サロメチールFBゲルαの特徴

●痛みやはれのもとに直接作用するフェルビナクを3.0%配合した非ステロイド系の鎮痛消炎薬です。
●フェルビナクが痛みの発生に関与するプロスタグランジンの生成を抑制して肩・腰・関節・筋肉の痛みにすぐれた効き目をあらわします。
●l-メントール3.0%配合により,塗擦後心地よい清涼感があります。

サロメチールFBゲルαの効能効果

肩こりに伴う肩の痛み,腰痛,関節痛,筋肉痛,打撲,捻挫,腱鞘炎(手・手首・足首の痛みと腫れ),肘の痛み(テニス肘など)

サロメチールFBゲルαの用法用量

1日2?4回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)塗擦した部分をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。
(4)外用にのみ使用してください。

サロメチールFBゲルαの成分分量

100g中
フェルビナク 3.0g
l-メントール 3.0g
(添加物)
エタノール,エデト酸Na,ジイソプロパノールアミン,プロピレングリコール,アジピン酸ジイソプロピル,カルボキシビニルポリマー,ヒプロメロース

サロメチールFBゲルαの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)15才未満の小児。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口,又は化膿している患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,ヒリヒリ感,かぶれ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.1週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

サロメチールFBゲルαの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わるおそれがあります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)本剤のついた手で,目等の粘膜に触れないでください。
(6)メガネ,時計,アクセサリー等の金属類,化繊の衣類,プラスチック類,床や家具等の塗装面等に付着すると変質することがありますので,付着しないように注意してください。
(7)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
また,開封後は使用期限内であってもなるべくすみやかに使用してください。

サロメチールFBゲルαに効果効能が似た薬

サロメチールFBゲルαが気になる人向けのコラム

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったり... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 1-痛む場所から分かる病気と症状とは?

腹痛とは腹部に感じる痛みのこと。経験したことがない人はいないといってもいいくらい、日常的に起こる症状ですが、その原因は食べすぎ・飲みすぎなど自然に回復するものから、緊急に治療を必要とする疾患までさまざまです。
また、腹痛、お腹が痛いとい... 続きを読む