ハーブプラスの効能・用量・副作用など

ハーブプラスの基本情報

ハーブプラス

ハーブプラス

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 養命酒製造
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ハーブプラスの特徴

養命酒製造の体にやさしい,ノンカフェインの栄養ドリンク

ハーブプラスの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

ハーブプラスの用法用量

成人(15才以上)1日1回1本(50mL)を服用してください。
※15才未満は服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。(他のビタミン等を含有する製品を同時に服用する場合には過剰摂取等に注意してください)
(2)本剤は生薬成分を含むため,まれに沈でんを生じることがありますが,薬効には変わりありません。よく振ってから服用してください。

ハーブプラスの成分分量

1本(50mL)中
ニンジンエキスM 90mg (人参600mg)
ショウキョウ流エキス 0.2mL (生姜200mg)
タイソウ軟エキス 60.6mg (大棗200mg)
ケイヒ流エキス 0.15mL (桂皮150mg)
シャクヤクエキス 30mg (芍薬120mg)
カンゾウエキス 25mg (甘草100mg)
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 5mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
ニコチン酸アミド 20mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 300mg
(添加物)
白糖,ポビドン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,グリセリン,dl-リンゴ酸,dl-リンゴ酸ナトリウム,安息香酸ナトリウム,パラベン,香料,アルコール0.15mL以下

ハーブプラスの使用上の注意と副作用

■相談すること
しばらく服用しても症状がよくならない場合は,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師に相談してください。

ハーブプラスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ハーブプラスが気になる人向けのコラム

地黄

「地黄」とは、ゴマノハグサ科の植物「アカヤジオウ」の根や茎のこと。薬効があり、漢方薬の原料に用いられています。
もともとは中国、モンゴル、韓国など、東アジアの乾燥した地域に広く自生する植物。中国では、日本のタンポポのように、どこでもよく... 続きを読む

【科学が証明】正しい疲労回復法-疲労がたまると老化が進む

正しく対処しないと疲労は蓄積する一方。疲れが蓄積すると自律神経の働きが乱れ、生活習慣病や老化の促進にも。思い込みではなく科学的な対処法を。 疲労と老化の原因は同じ。こまめに解消を 暑い日が続くと、ふつうに生活しているだけで疲れてしま... 続きを読む

コーヒーの健康効果-がんや糖尿病を予防するって本当?

10月1日はコーヒーの日。コーヒーの新年度が始まる日であり、需要が高まるころでもあることから、1983年、社団法人 全日本コーヒー協会によって提唱されました。
現在、日本のコーヒー消費量は米国、ブラジル、ドイツについで第4位です(20... 続きを読む

体を元気にする足裏マッサージ法-イラストでわかる足裏と体の相関図

肩こり、便秘、月経痛などは、女性が抱える悩みの代表格。あなたも、そんな悩みの持ち主では?
こうしたからだの不調や疲れを改善し、心身ともに元気になれると注目されているのが、リフレクソロジーです。からだの器官や臓器に対応するポイントが足裏に... 続きを読む

1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか?
日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むと... 続きを読む