イスクラ天王補心丹Tの効能・用量・副作用など

イスクラ天王補心丹Tの基本情報

イスクラ天王補心丹T

イスクラ天王補心丹T

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

イスクラ天王補心丹Tの特徴

「イスクラ天王補心丹T」は,ジオウ,テンモンドウなどの11種類の植物性生薬から構成され,これらの生薬を粉末にし丸剤としたもので体質虚弱な人の不眠,不安感,肩こり,息切れ,動悸,口渇,便秘の改善を目的としております。

イスクラ天王補心丹Tの効能効果

体質虚弱な人の次の諸症:不眠,不安感,肩こり,息切れ,動悸,口渇,便秘

イスクラ天王補心丹Tの用法用量

次の量を,1日3回,食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):8丸:3回
15歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は15歳未満の小児には服用させないでください。

イスクラ天王補心丹Tの成分分量

24丸(4.8g)中
ジオウ 1.20g
サンソウニン 0.30g
テンモンドウ 0.30g
トウキ 0.30g
バクモンドウ 0.30g
オンジ 0.15g
キキョウ 0.15g
ブクリョウ 0.15g
ハクシニン 0.30g
タンジン 0.15g
トウジン 0.15g
(添加物)
トウモロコシデンプン,精製セラック,マクロゴール6000,薬用炭

イスクラ天王補心丹Tの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ天王補心丹Tの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ天王補心丹Tに効果効能が似た薬

イスクラ天王補心丹Tが気になる人向けのコラム

冬に多いノロウイルスの症状と治療法|役に立つ予防対策

食中毒というと梅雨や夏をイメージしますが、これは細菌によるもの。冬場は、低温や乾燥した場所でも生きることができるウイルスによる食中毒が多く発生します。その感染ルートと予防法を学びましょう。 冬の食中毒の代表
ノロウイルス ウイルス性の... 続きを読む

子宮筋腫になりやすい人とは 遺伝や体質や生活習慣によって違うの?

がんになりやすい体質を表す「がん家系」という言葉があるように、子宮筋腫になりやすい体質もあるのでしょうか? 子宮筋腫になりやすい体質はありません 母親が子宮筋腫に悩んでいたから、将来自分もそうなるはず……。と心配している人が多くいま... 続きを読む

おへそを温めて便秘を改善‐おへそのツボで体質が変わる?

へそのツボを温めると腸のパワーが高まり病気知らずになれる? へそ穴の真ん中にあるツボは、温めて刺激することで大腸や小腸の働きを高め、便秘や下痢の改善効果が期待できます。 大腸や小腸の働きを高める、へそのツボ 体の中心にあるおへそ。お母... 続きを読む

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~体と心を診断する「四象体質」

梅雨に入り、じめじめとした天候が続きますが、体調はいかがですか?私は体に老廃物が溜まると、韓医学(韓方)でいう「水毒」に傾きがちな体質らしく、この季節は体がむくみがちになります。天気が悪くなると、頭痛がしたり、肩こりがひどくなることもありま... 続きを読む