イスクラ麻杏止咳顆粒Sの効能・用量・副作用など

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの基本情報

イスクラ麻杏止咳顆粒S

イスクラ麻杏止咳顆粒S

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの特徴

「イスクラ麻杏止咳顆粒S」は,麻杏甘石湯にキキョウ,タルク,チンピを加えた処方で植物・鉱物など7種類の生薬が配合されております。これらの原料を製剤化したもので気管支炎,気管支喘息の改善を目的としております。

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの効能効果

気管支炎,気管支喘息

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの用法用量

次の量を,1日3回,食前又は食間に服用してください。
[年齢:1回の服用量:1日の服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,15歳未満の小児には服用させないでください。

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの成分分量

3包(7.5g)中
麻杏止咳軟エキスS 12.5g (キキョウ6.6g,キョウニン4.5g,カンゾウ・セッコウ・チンピ各3.6g,タルク3.3g,マオウ1.5g)
(添加物)
デキストリン

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)で軟便下痢になりやすい人。
(7)発汗傾向の著しい人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イスクラ麻杏止咳顆粒Sの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)この文書は,本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので,大切に保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

イスクラ麻杏止咳顆粒Sに効果効能が似た薬

イスクラ麻杏止咳顆粒Sが気になる人向けのコラム

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

季節の変わり目の体調不良は自律神経が原因? 注意したい休憩サイン

雨が振り続く梅雨時は、何となく気分が滅入りますね。急に冷え込んだかと思うと、翌日は真夏のような蒸し暑さになるなど、気温差が激しい季節のせいか、体調を崩す人が多くなります。急激な気温の変化で、自律神経のバランスが悪くなり、体調を維持するリズム... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

病院の診察はなぜ待ち時間が長いのか? 緊急のときの対処の仕方

病・医院から足が遠のく理由の一つは待ち時間です。なぜ1時間も2時間も待つのでしょう。法律では外来患者40名に対し医師一人を配置するように考えられています。医師の労働時間を1日8時間労働とすると、患者さん一人に割り当てられる時間は12分。そ... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む