アズシュートAZのどスプレーの効能・用量・副作用など

アズシュートAZのどスプレーの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤
製造販売会社 ダイヤ製薬
販売会社 白金製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アズシュートAZのどスプレーの特徴

・有効成分「アズレンスルホン酸ナトリウム」がのどの炎症部に直接作用して,のどの痛みやはれの原因である炎症を抑えます。
・メントールを配合していますので,口の中がスッキリします。
・患部に薬液がまっすぐ届くノズルを使用しています。

アズシュートAZのどスプレーの効能効果

のどの炎症によるのどあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ,口内炎

アズシュートAZのどスプレーの用法用量

1日数回適量を患部に噴射塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)息を吸いこみながら使用すると,薬液が気管支や肺に入ることがありますので,ノズルをのどの患部にむけて,軽く息をはきながら,2?3回噴射してください。
(3)塗布にのみ使用し,内服しないでください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐ水またはぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。

アズシュートAZのどスプレーの成分分量

1mL中
アズレンスルホン酸ナトリウム 0.2mg
(添加物)
グリセリン,還元麦芽糖水アメ,プロピレングリコール,クエン酸,クエン酸ナトリウム,エタノール,パラベン,l-メントール,pH調節剤,香料

アズシュートAZのどスプレーの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)口中のただれがひどい人。
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ又は口腔:発疹・発赤,かゆみ又は刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

アズシュートAZのどスプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)薬液が衣服等に付着すると着色します。付着した場合はすぐに水でよく洗い落としてください。
(5)ノズルの先端の穴を針等で突かないでください。使用時に薬液が出にくくなることがあります。
(6)火気に近づけないでください。
(7)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(8)本品使用後の一定時間は,呼気中に酒気帯び運転と判定される濃度以上のアルコール濃度が検出される可能性がありますので,運転中のご使用はお控えください。

アズシュートAZのどスプレーに効果効能が似た薬

アズシュートAZのどスプレーが気になる人向けのコラム

【危険な喉の痛み】こんな症状があったら即病院へ!

ウイルスや菌が原因の炎症
急に喉が痛くなり、身体のだるさや発熱などを伴う場合は、ウイルスや細菌の感染が考えられます。


急性咽頭炎は、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルス感染や、A群β溶血性連鎖球菌(ベータようけつ... 続きを読む

風邪?発熱?速攻で体調を回復させる方法4選!

ツボ押しで体調回復!


風邪をひく原因は、寒さと乾燥でウイルスが活発に活動する環境となって、体の疲れや冷えで体調を崩しウイルスに対する免疫力が低下するためです。まずは、体を温めて体の抵抗力を高めましょう。風邪を引いたときには、首周... 続きを読む

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

風邪には抗生物質は効かない? 細菌とウイルスの違いがポイント

抗生物質が効くのは細菌だけ 「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか? 風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウ... 続きを読む

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む