スカージルGの効能・用量・副作用など

スカージルGの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 前田薬品工業
販売会社 プロダクト・イノベーション
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

スカージルGの特徴

・抗炎症成分(デキサメタゾン酢酸エステル)が「かゆみ・はれ・赤み」を抑えます。
・かゆみ止め成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)が「かゆみ」の原因物質(ヒスタミン)のはたらきをしっかりブロックします。
・殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)が患部を殺菌消毒します。
・べたつかず,清涼感のある透明なゲル剤です。

スカージルGの効能効果

湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

スカージルGの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。

スカージルGの成分分量

100g中
デキサメタゾン酢酸エステル 0.025g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
クロタミトン 5g
l-メントール 3.5g
dl-カンフル 1g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
ポリオキシエチレンセチルエーテル,エデト酸ナトリウム水和物,カルボキシビニルポリマー,ヒドロキシプロピルセルロース,プロピレングリコール,イソプロパノール,エタノール,クエン酸水和物,クエン酸ナトリウム水和物,ジイソプロパノールアミン

スカージルGの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面,目の周囲,粘膜等。
2.顔面には,広範囲に使用しないこと
3.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

スカージルGの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)火気に近づけないこと。
(5)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないこと。
(6)使用期限の過ぎた製品は使用しないこと。
(7)本剤がメガネ,時計,アクセサリー等の金属類,衣類,プラスチック類,皮製品,床や家具などの塗装面等にふれると変質することがあるので,付着しないように注意すること。

スカージルGが気になる人向けのコラム

ピルの基礎知識-入手方法|タバコを吸う人はピルは使えない?

低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)は、日本ではかぜ薬などのように薬局などで買うことができません。使用には医師の処方が必要です。一般的には婦人科や産婦人科を受診して医師による問診や血圧測定を受け、問題がなければ処方してもらいます。以前... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む