ヒビヒフールの効能・用量・副作用など

ヒビヒフールの基本情報

ヒビヒフール

ヒビヒフール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ヒビヒフールの特徴

ヒビヒフールは,殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノール,消炎,鎮痛効果のサリチル酸メチル,患部の修復を促すトコフェロール酢酸エステルを配合したクリーム剤です。3つの効果がひび,あかぎれを効果的に改善します。
■3つの効果でひび,あかぎれに効く
(1)殺菌効果
イソプロピルメチルフェノール:患部を殺菌します。
(2)消炎,抗炎症効果
サリチル酸メチル:腫れ・炎症を鎮めます。
(3)修復効果
トコフェロール酢酸エステル:患部の修復を促します。

ヒビヒフールの効能効果

ひび,あかぎれ,しもやけ,かゆみ

ヒビヒフールの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布または塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

ヒビヒフールの成分分量

100g中
トコフェロール酢酸エステル 2g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
l-メントール 1.35g
dl-カンフル 9.6g
サリチル酸メチル 3g
(添加物)
ユーカリ油,テレビン油,ステアリン酸,ステアリルアルコール,モノステアリン酸グリセリン,セチル硫酸ナトリウム,プロピレングリコール,トリエタノールアミン,カルボキシビニルポリマー

ヒビヒフールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください。
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば唇等)
(2)湿疹,かぶれ
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ

ヒビヒフールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないでください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

ヒビヒフールが気になる人向けのコラム

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む

甲状腺がんの基礎知識 病気の特徴と進行の仕方|主な検査方法

甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」の下に、蝶が羽を広げたような形で気管を取り囲むように位置する10~20gほどの小さな臓器です。甲状腺の働きは、主に食べ物から取り込んだ「ヨード(ヨウ素)」を材料に甲状腺ホルモンを合成し、血液中に分泌すること... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

ダイエットや便秘に効く水ってあるの? 効果を高める飲むタイミングは

人間の体内で水の占める割合は、新生児で約80%、成人でも約60%といわれます。体重の約6%の水分が失われると脱水症状が現われ、15~20%を失うと生命の危険があるといいますから、私達の体にとって、水は非常に重要なものです。
ところで、... 続きを読む

意外と重要なフットケア-足の健康が心身の健康につながる

子どもから高齢者まで幅広い年代を対象に、足部や足爪に発生している問題に触れてきたこのシリーズも今回が最終回です。
超高齢社会の日本では、高齢者の転倒を予防し、健康を支援するとともに、いつまでも前向きに元気で活動してもらうことが重要です。... 続きを読む