ヒフールバンの効能・用量・副作用など

ヒフールバンの特徴

1.「あかぎれ」,「さかむけ」,「ひび」,「切り傷」,「すりきず」にさっとお手当てできる
2.うすい被膜がバイ菌,ホコリなどの侵入を防ぎ,水に濡れてもしみない
3.透明タイプで目立ちにくい

ヒフールバン

ヒフールバン

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の外皮用薬
形状 液剤 
製造会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC 液体絆創膏   HPクリーム   HPローション   アットノン   アットノン c  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ヒフールバンの効能・効果

あかぎれ,さかむけ,ひび,小切傷,すり傷

ヒフールバンの用法・用量

患部を清潔にし,傷部のみに適量を塗り,そのまま静かに乾燥させてください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)患部やその周辺が汚れたまま使用しないでください。
(3)患部が汗や水でぬれている場合は水分をよく拭き取ってから使用してください。
(4)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合は,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用し絶対に内服しないでください。
(6)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとで使用してください。
(7)傷口以外に塗らないでください。(皮膚呼吸を抑えてしまう場合があります)
(8)傷口に塗ると一瞬しみることがありますが,乾燥するとしみなくなります。
(9)固まった皮膜を無理にはがそうとすると,皮膚を傷つけてしまう可能性がありますので充分お気をつけください。
※急いではがしたい時は,ヒフールバンを上塗りし,乾かないうちに拭き取ってください。

ヒフールバンの成分・分量

100g中
ピロキシリン 12g
(添加物)
dl-カンフル,ヒマシ油,ミリスチン酸イソプロピル,酢酸エチル,エタノール

ヒフールバンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には,使用しないでください。
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣など)
(2)ただれ,化膿している患部
(3)大きなきず,深いきず,湿疹及び出血している患部
(4)顔面,頭部
(5)ひげそり,除毛,脱毛,脱色等により傷んだ皮膚
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ

ヒフールバンの保管上の注意

(1)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。(密栓しないと薬剤が固まる恐れがあります)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり,品質が変わります)
(4)火気に近づけないでください。
(5)誤飲(指をしゃぶるなど)のおそれがある場合は使用をさけてください。
(6)外箱に表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
(7)衣類,家具,床等につくと,非常に取れにくく,色調に変化をきたす恐れがありますので,使用の際は充分に注意してください。