ルルのどスプレーの効能・用量・副作用など

ルルのどスプレーの基本情報

ルルのどスプレー

ルルのどスプレー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤
製造販売会社 東興薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ルルのどスプレーの特徴

のどの痛みやはれの原因は炎症です。ルルのどスプレーはジェルタイプなので抗炎症成分が患部に留まり炎症に効果を発揮します。
ルルのどスプレーの3つのポイント
●抗炎症成分水溶性アズレンが,のどの炎症をしずめ,痛み・はれをおさえます。
●ジェルタイプの液剤が患部に留まり効果を発揮します。
●すっきり,さわやかなメントール味。

ルルのどスプレーの効能効果

のどの炎症によるのどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・のどのあれ・声がれ,口内炎

ルルのどスプレーの用法用量

1日数回,適量を患部に噴射塗布して下さい。
キャップをはずし,ノズルを患部に向けて噴射して下さい。
なお,初回使用時は,薬液が出るまで4?5回押して下さい。
(用法関連注意)
1.息を吸いながら使用すると,薬液が気管支や肺に入ることがありますので,ノズルをのどの患部にむけて,声を出しながら噴射して下さい。
2.使用中,ノズルが口内にふれないようにして下さい。
3.用法・用量を厳守して下さい。
4.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
5.目に入らないよう注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,眼科医の診療を受けて下さい。

ルルのどスプレーの成分分量

100g中
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン) 20mg
(添加物)
l-メントール,ベンゼトニウム塩化物,グリセリン,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,カルボキシビニルポリマー,エデト酸ナトリウム,ステビア抽出物,塩化ナトリウム,pH調節剤

ルルのどスプレーの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)次の症状のある人
口内のひどいただれ
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ルルのどスプレーの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所にキャップを閉めて保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
4.表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
5.衣服に付着した時は,水で洗い流して下さい。

ルルのどスプレーが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む