温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の効能・用量・副作用など

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 温経湯
形状 散剤
製造販売会社 東洋薬行
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 温経湯   

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の効能効果

体力中等度以下で,手足がほてり,唇がかわくものの次の諸症:月経不順,月経困難,こしけ(おりもの),更年期障害,不眠,神経症,湿疹・皮膚炎,足腰の冷え,しもやけ,手あれ(手の湿疹・皮膚炎)

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の用法用量

次の量を空腹時に水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい。
[1回量:1日服用回数]
2.0g(1包):3回
(用法関連注意)

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の成分分量

6g(3包)中
温経湯水製エキス 4g (ハンゲ・バクモンドウ・ゴシュユ各3g,トウキ・センキュウ・シャクヤク・ニンジン・ケイシ・アキョウ・ボタンピ・カンゾウ・生ショウキョウ各2g)
(添加物)
トウモロコシデンプン

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の使用上の注意と副作用

漢方薬は原則として随証的方法と云って体質や病状などを参考に使用します。
しかし,正しく判断することは漢方に慣れていないと非常に難しいものです。
そこで医師,薬剤師又は登録販売者とよく相談して薬を正しく使用して下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包に効果効能が似た薬

温経湯エキス細粒〔東洋〕分包が気になる人向けのコラム

【医師が回答!】セクシーな唇には、どうしたらなれますか? 唇の色や形の悩み

気になる男性が「口元がセクシーな人が好き」という情報をもらったのですが、わたしとは程遠いタイプを好きと言われて、どうしたら振り向いてもらえるか考えてもいい案が浮かびません。 (質問者
こぽんたさん) 教えて!goo 唇の形と色で悩ん... 続きを読む

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響
睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。


睡眠不足や睡眠... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む