ロコフィットGLの効能・用量・副作用など

ロコフィットGLの基本情報

ロコフィットGL

ロコフィットGL

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 防已黄耆湯
形状 錠剤
製造販売会社 太田胃散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 防已黄耆湯   

ロコフィットGLの特徴

年を重ねるたびに、痛み出すひざなどの関節。
痛みをかばって、運動せずにいると体重が増え、関節への負担も大きくなります。
そんな方のために生まれたのが、「ロコフィットGL」。
くりかえす「ひざの痛み」を改善する漢方薬です。
漢方処方【防已黄耆湯】が悪循環を断つ

効果1 関節痛緩和:抗炎症作用により、「ひざの痛み」をしっかり抑えます
効果2 肥満症緩和:代謝を上げる作用により、「体重も落とします」
だから、関節への負担も減り、くりかえす「ひざの痛み」によく効きます
※ 緩衝剤として「塩酸グルコサミン」を1,000mg配合。

ロコフィットGLの効能効果

体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:肥満に伴う関節のはれや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)

ロコフィットGLの用法用量

次の量を食前、食間(就寝前を含む)又は空腹時に白湯又は水で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満:服用しないこと
※食間とは食後2?3時間のことをいいます。
(用法関連注意)

ロコフィットGLの成分分量

1日量(12錠)中
防已黄耆湯エキス 1600mg (ボウイ・オウギ各2508mg、ソウジュツ・タイソウ各1505mg、カンゾウ752mg、ショウキョウ502mg)
(添加物)
塩酸グルコサミン、ケイ酸カルシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na)、クロスポビドン、ステアリン酸マグネシウム

ロコフィットGLの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ロコフィットGLの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンの中の詰め物は錠剤が輸送中に破損するのを防ぐものですので、開封後は捨ててください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(6)水分の付着が変色等の原因となりますので、ぬれた手で錠剤に触れないでください。また、ぬれた手等で触れた錠剤はビンに戻さないでください。

ロコフィットGLが気になる人向けのコラム

片足立ちダイエットなら短時間で済む

片足立ち
ダイエットしようとウォーキングを始められる方は多いと思います。
しかし意外と時間が掛かるので朝早く起きて始めないといけないです。
仕事があると難しいものがありますが、そんなときでも片足立ちダイエットならもっと短時間で行えま... 続きを読む

立ち仕事でなりやすい下肢静脈瘤の予防と対策

下肢静脈瘤の原因
下肢静脈瘤は、表面にある表在静脈の逆流防止弁が機能不全に陥り起きる病気です。血液が逆流するとうっ血が起き、血管が浮き出てきます。


静脈弁の機能不全による一次性静脈瘤と、生まれつき静脈が拡張している先天性静脈拡... 続きを読む

いつでも出来るつまさき立ちダイエット

つまさき立ち
つまさき立ちダイエットのやり方はとてもシンプルで、ちょっとした隙間時間に行うことが出来ます。初めに両足をそろえて、ふくらはぎを伸ばす事を意識しながらつまさき立ちをキープします。この姿勢をとると、自然と背すじがのび、腹筋、背... 続きを読む

片脚立ちで靴下がはけない人は要注意! 寝たきりになる可能性

「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という言葉をご存じですか?
骨、関節、筋肉、腱(けん)、靭帯(じんたい)、神経など運動にかかわる器官や組織を総称して運動器といいますが、それらが衰えて立ったり歩いたりすることが難しくなり、要介護... 続きを読む

緊張してなくても手のひらに汗、、、それってもしかして病気かも?

夏は汗をかきやすい季節。外出にはハンカチが手放せなくなりますね。汗には、体内の熱を放出して、体温を一定に保ってくれる働きがあります。
ところが、通常では発汗しないとされている状態で、大量に汗をかいてしまう病気があり、多汗症と呼ばれています... 続きを読む