アンブロスEXクリームの効能・用量・副作用など

アンブロスEXクリームの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 前田薬品工業
販売会社 プロダクト・イノベーション
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アンブロスEXクリームの特徴

●非ステロイド系抗炎症剤ウフェナマートに,かゆみを抑えるジフェンヒドラミン,殺菌消毒成分ベンゼトニウム塩化物を配合していますので,湿疹,皮膚炎,おむつかぶれなどにすぐれた効果を発揮します。
●乳幼児から大人まで,顔,腕,足,からだにお使いいただけます。
●のびがよく,べたつかない白色のクリーム剤です。
●無香料・無着色

アンブロスEXクリームの効能効果

湿疹,皮膚炎,ただれ,あせも,かぶれ,かゆみ,おむつかぶれ

アンブロスEXクリームの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)患部を清潔にしてから,使用してください。

アンブロスEXクリームの成分分量

100g中
ウフェナマート 5g
ジフェンヒドラミン 1g
グリチルレチン酸 0.3g
ベンゼトニウム塩化物 0.1g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
(添加物)
カルボキシビニルポリマー,カルメロースナトリウム(CMC-Na),オクチルドデカノール,プロピレングリコール,ポリオキシエチレンセチルエーテル,モノステアリン酸グリセリン,パラベン,ジイソプロパノールアミン

アンブロスEXクリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,刺激感(ヒリヒリ感),熱感,乾燥感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アンブロスEXクリームの保管上の注意

(1)キャップを開ける際に容器の縁で指を傷つけないよう十分注意してください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない涼しい所にキャップをしっかり閉めて保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(5)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

アンブロスEXクリームに効果効能が似た薬

アンブロスEXクリームが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も

激しいせきがしつこく続く百日ぜきが大人に急増しています。これまでは、乳幼児を中心とした子どもの病気と考えられていましたが、最近は大学生の集団感染をはじめ、大人の感染例が急増しています。国立感染症研究所感染症情報センターの調べでは、患者数そ... 続きを読む

魅力的な顔はゆがみがない? 鼻の穴の大きさを見ればゆがみが分かる?

顔もからだの一部ですから、からだがゆがんでいると顔にもゆがみが出ます。だから顔だけをケアしたのでは魅力的な顔にはならないのです。
たとえば姿勢が悪いと、からだは無意識にバランスをとろうとして、首から肩、背中などが緊張します。そうすると、... 続きを読む

RSウイルスに赤ちゃんが感染すると重症化の危険-予防法とは

「RSウイルス感染症」の流行が始まっています。国立感染症研究所の調査によると、今年(2014年)は患者数(報告)が8月下旬から急増し、9月中旬には流行期に入ったとみられています。例年晩秋から春にかけて流行し、冬季にピークがみられましたが、... 続きを読む

インフルエンザ流行の危機? もしも発熱したらどうすればいい?

新型インフルエンザは、当初心配された国内での大きな流行や感染者の重症化などが起こらず、一般の危機感は何となく薄らいでいるかもしれません。そんな日本の“ひと安心ムード”をよそに、世界では感染者数の増加は続いていて、WHO(世界保健機関)が流... 続きを読む