パブロン点鼻クイックの効能・用量・副作用など

パブロン点鼻クイックの特徴

◆パブロン点鼻クイックは,鼻アレルギーの原因物質を抑える抗アレルギー薬と,つらい鼻づまりを速く改善する血管収縮薬を配合した点鼻薬です。

パブロン点鼻クイック

パブロン点鼻クイック

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鼻炎用点鼻薬
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 大正製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC アレルギー鼻炎スプレー   NEWエージーノーズモイスト   アスゲン点鼻薬AG   アゼットノーズ   アゼットノーズS  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



パブロン点鼻クイックの効能・効果

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻づまり,鼻水(鼻汁過多),くしゃみ

パブロン点鼻クイックの用法・用量

1回に1度ずつ,1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)両鼻腔内に噴霧してください。
(1噴霧でケトチフェンとして0.05mg)
[年齢:1回:使用回数]
成人(15歳以上)及び7歳以上の小児:両鼻腔内に1度ずつ:1日4回 朝・昼・夕方及び就寝前
7歳未満:使用しないこと
3日間位使用しても症状の改善がみられない場合には,使用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
また,連続して2週間を超えて使用せず,再び使用する場合は2週間以上あけてください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量(必ず1日4回)を厳守してください。
(2)過度に使用すると,かえって鼻づまりを起こすことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)点鼻用にのみ使用してください。
(5)目や口に入らないように注意してください。
万一目や口に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。
なお,症状が重い場合には,医師の診療を受けてください。

パブロン点鼻クイックの成分・分量

100mL中
ケトチフェンフマル酸塩 75.6mg
ナファゾリン塩酸塩 25mg
(添加物)
ベンザルコニウム塩化物,クエン酸,クエン酸Na,D-ソルビトール

パブロン点鼻クイックの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人には使用しないでください
7歳未満の小児
2.使用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります)
3.授乳中の人は本剤を使用しないか,本剤を使用する場合は授乳を避けてください
(動物試験で乳汁中への移行が認められています)
4.長期連用しないでください
(連続して使用する場合は,2週間以上あけてください)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)減感作療法等,アレルギーの治療を受けている人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,糖尿病,甲状腺機能障害,緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
鼻:乾燥感,刺激感,はれ,鼻出血
精神神経系:脱力感,頭痛
3.使用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
眠気,口のかわき
4.症状の改善がみられても使用期間が2 週間を超える場合は,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

パブロン点鼻クイックの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべく早く使用してください。(品質保持のため)