ビタレオンB2の効能・用量・副作用など

ビタレオンB2の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 佐藤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタレオンB2の特徴

ビタレオンB2は,肌あれ・にきびや口内炎等の皮膚や粘膜の症状改善に効果のあるビタミン剤です。
「お肌のビタミン」とも呼ばれる持続型ビタミンB2に,コラーゲン生成に不可欠なビタミンCと古くから肌あれに効果をあらわす生薬として使用されているヨクイニンのエキスを配合しています。
スッと溶けるのみやすい顆粒剤です。

ビタレオンB2の効能効果

次の諸症状※の緩和:口角炎,口唇炎,口内炎,舌炎,湿疹,皮膚炎,かぶれ,ただれ,にきび,肌あれ,赤鼻,目の充血,目のかゆみ。
次の場合のビタミンB2の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ビタレオンB2の用法用量

次の量を食後に服用してください。
ただし,1日2回服用する場合は朝晩,1日3回服用する場合は朝昼晩服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:2回(朝晩)?3回(朝昼晩)
11?14歳:2/3包:2回(朝晩)?3回(朝昼晩)
7?10歳:1/2包:2回(朝晩)?3回(朝昼晩)
3?6歳:1/3包:2回(朝晩)?3回(朝昼晩)
3歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ビタレオンB2の成分分量

3包中
リボフラビン酪酸エステル 20mg
ヨクイニンエキス 769.2mg (よく苡仁10g)
アスコルビン酸 500mg
(添加物)
D-マンニトール,ポビドン,スクラロース,キシリトール,二酸化ケイ素,香料,バニリン,エチルバニリン

ビタレオンB2の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ビタレオンB2の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)配置期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ビタレオンB2が気になる人向けのコラム

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む