ビタタイムFXプラスの効能・用量・副作用など

ビタタイムFXプラスの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 米田薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタタイムFXプラスの特徴

ビタタイムFXプラスは,ビタミンB1誘導体のフルスルチアミン塩酸塩,ビタミンB6,ビタミンB12を配合したビタミンB1・B6・B12製剤です。
末梢血行を改善するビタミンEに,エネルギーの産生を助けるパントテン酸カルシウム,ニコチン酸アミド,自律神経の働きを助けるガンマ-オリザノールも配合し,目を酷使する現代人に起こりがちな眼精疲労や,腰痛・肩こりの緩和にすぐれた効果をあらわします。

ビタタイムFXプラスの効能効果

●次の諸症状※の緩和:
神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,眼精疲労
●次の場合のビタミンB1B6B12の補給:
肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ビタタイムFXプラスの用法用量

次の1回量を,食後すぐに水またはお湯で,かまずに服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15才以上):2?3錠:1日1回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

ビタタイムFXプラスの成分分量

3錠中
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体) 109.16mg (フルスルチアミンとして100mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 100mg
ニコチン酸アミド 60mg
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルセルロース,ゼラチン,マクロゴール,タルク,炭酸カルシウム,乳酸カルシウム,ケイ酸カルシウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),セルロース,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),アラビアゴム,白糖,酸化チタン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),カルナウバロウ,リボフラビンリン酸エステルナトリウム

ビタタイムFXプラスの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
軟便,下痢,便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ビタタイムFXプラスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄にビンを開封した日付を記入しておいてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。

ビタタイムFXプラスが気になる人向けのコラム

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

頭痛の種類|「緊張型頭痛」「偏頭痛/片頭痛」の主な症状と対処・緩和法

いつもの頭痛だと思って、鎮痛薬を飲んでその場しのぎをしていませんか?
頭痛は放っておくとひどくなる可能性も。頭痛の種類別に対処法と予防法をご紹介します。 なんと頭痛は100種類以上ある病気 いわゆる「頭痛もち」を、医学用語では「慢性頭痛... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

RSウイルス感染の徹底予防法 乳幼児や高齢者に感染させないためは?

乳幼児がかかりやすいRSウイルス。体力のない高齢者が施設内で集団感染したという報告も。普段の生活の中で移りやすいウイルスのため、家族も注意が必要です。 インフルエンザと重なる11〜1月がピーク RSウイルスは世界中に分布しているウイル... 続きを読む

検診と健康診断の違いってなに? 意外と知らない検診についての基礎知識

検診は自覚症状が出てから受けるもの? 自覚症状がない人が受けるのが検診。症状がある人は病院で受診しましょう。 「健診」と「検診」は目的が違うが、どちらも無症状の人が対象 「健診」と「検診」。どちらもケンシンですが、それぞれの違いは意外... 続きを読む