九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

かつては脚気(ビタミンB1欠乏症)様症状である足のむくみ,痛み,動悸(どうき),息切れなどによく使われた処方です。今日の日本では食生活が改善された一方で,手軽に摂れる食品が豊富になり,不規則な社会生活とあいまって,食の偏りが目立つようになりました。生活面の整備が進み,汗をかきにくい環境になった中で,水分や味の濃い物の摂り過ぎで体に余計な水を溜めこんでしまうようです。このような偏食や水分代謝の異常により,下半身のだるさ,むくみを訴える現代人が多くなっています。
このような方に九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」がよく用いられます。食生活が乱れて,全身の倦怠感を訴えて,下肢の腫(は)れ・だるさ,過食していないのに太る(水太り),むくむなどの症状にぜひ活用してください。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 漢方製剤
形状 散剤 
製造会社 小太郎漢方製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠   「クラシエ」漢方九味檳榔湯エキス錠   G・U・mメディカルタブレットEX   イイラック漢方胃腸薬細粒   イスクラ双料杞菊顆粒S  



九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の効能・効果

体力中等度以上で,全身倦怠感があり,とくに下肢の倦怠感が著しいものの次の諸症:疲労倦怠感,むくみ,関節のはれや痛み,動悸,息切れ,神経症,更年期障害,胃腸炎

九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の用法・用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2〜3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の成分・分量

3包(4.8g)中
水製エキス 2.96g (ビンロウジ3.2g,コウボク・ケイヒ・キッピ・ブクリョウ各2.4g,ソヨウ1.2g,カンゾウ・ダイオウ・モッコウ・ショウキョウ・ゴシュユ各0.8g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,プルラン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

九味檳榔湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(6)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。