ティアーレ抗菌目薬の効能・用量・副作用など

ティアーレ抗菌目薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抗菌性点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 オフテクス
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ティアーレ抗菌目薬の特徴

抗菌成分 サルファ剤:細菌に対して強い抗菌力を持つサルファ剤を基準内最大濃度配合※
[スルファメトキサゾールナトリウム 4.0%]
W配合 抗炎症成分:グリチルリチン酸二カリウムとイプシロン-アミノカプロン酸が目の炎症を効果的にしずめます。
防腐剤 フリー:無菌充てん・防腐剤無添加の「1回使い切りタイプ」で,使うときいつでも新鮮・清潔です。小さなお子様にもご使用いただけます。
※眼科用薬製造(輸入)承認基準

ティアーレ抗菌目薬の効能効果

ものもらい,結膜炎(はやり目),目のかゆみ,眼瞼炎(まぶたのただれ)

ティアーレ抗菌目薬の用法用量

1日5?6回,1回2?3滴点眼する。
(用法関連注意)
・小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
・キャップ部分を軽く引っ張りながら,ゆっくりまわして開封してください。(勢いよく開封すると,薬液が飛び散る場合があります。)
・使用後に薬液が残っていても,再使用しないでください。

ティアーレ抗菌目薬の成分分量

成分
スルファメトキサゾールナトリウム 0.04
グリチルリチン酸二カリウム 0.002
イプシロン-アミノカプロン酸 0.01
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ヒアルロン酸ナトリウム,pH調節剤

ティアーレ抗菌目薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
・長期連用しないでください。
・コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
・点眼用にのみ使用してください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)はげしい目の痛みがある人。
(5)他の目薬を使用している人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹,発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
(2)使用後,症状の持続又は増強がみられた場合
(3)3?4日間使用しても症状がよくならない場合

ティアーレ抗菌目薬の保管上の注意

・直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
・本品は,光による薬液の変質を防ぐため,着色袋を使用しておりますが,保存する場合は内袋と箱に入れるなど,光の当たらない所に保管してください。なお,冷蔵庫では保管しないでください。
・本品は,無色から微褐色の点眼薬です。使用時に微褐色に着色している場合がありますが,有効成分であるサルファ剤によるものですので,ご心配ありません。
・小児の手のとどかない所に保管してください。
・他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
・1本を他の人と共用しないでください。
・使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。また,使用期限内であっても,一度内袋を開封した後はすみやかに使用してください。
・本剤を携帯する際,ズボンの後ろポケット等に入れないでください。
(キャップ部分が折れて開いてしまう恐れがあります。)
・本剤を点眼後,口中に苦味または甘みを感じることがありますが,本剤の有効成分によるものですので,ご心配ありません。

ティアーレ抗菌目薬が気になる人向けのコラム

尿酸値を気にしない!プリン体の摂りすぎを防ぐ方法

暑くなるこれからは、ビールが美味しい季節です。人気のビアホールに加えて、最近はビールフェスタが増えてきて、ビールを飲む機会も多くなっていますよね。とはいえ、ビールに含まれるプリン体が気になる人が多いようで、ビール各社が「プリン体ゼロ」商... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

夏は眼のトラブルになりがち-子どもが罹りやすいウイルス感染とは


夏は目にとって、“受難”の季節です。ウイルスの感染による結膜炎がはやったり、強い紫外線によって角膜に急性の炎症が起きることがあります。また紫外線は白内障をもたらす原因にもなります。夏は日焼けだけでなく、目のトラブルにも注目しておきましょ... 続きを読む

シックハウス症候群

近年問題となってきた、「シックハウス」。まだ未解明な点もありますが、少しずつ予防法や対策がわかってきました。 「シックハウスは日本で作られた和製英語です。その由来は、1970年代に欧米で問題となった『シックビルディング症候群』。オイルショ... 続きを読む